《ヴァリアンツ(ジェネシス)−グランデューク》

融合・ペンデュラム・効果モンスター
星10/炎属性/機械族/攻2500/守2500
【Pスケール:青10/赤10】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカードを正面の自分のメインモンスターゾーンに特殊召喚する。
●自分のメインモンスターゾーンのモンスター1体を選び、
その位置をその隣のモンスターゾーンに移動する。
【モンスター効果】
「ヴァリアンツ」モンスター×2
EXデッキの裏側表示のこのカードは、融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●融合モンスターを除く、EXモンスターゾーンと同じ縦列の
自分のレベル5以上の「ヴァリアンツ」モンスター1体をリリースした場合に特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、相手の魔法&罠ゾーンのモンスターカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻し、その攻撃力分のダメージを相手に与える。
その後、与えたダメージの半分だけこのカードの攻撃力をアップする。

 デッキビルドパック タクティカル・マスターズで登場する炎属性機械族融合ペンデュラムモンスター
 「自身の特殊召喚」か「モンスター位置を動かす」のいずれかを選択するペンデュラム効果、自身をエクストラデッキから特殊召喚する召喚条件特殊召喚成功時相手魔法&罠ゾーンモンスターカードバウンスし、バーン自己強化を行う効果を持つ。

 ペンデュラム効果については《ヴァリアンツの聚−幻中》を参照。
 ただし、こちらは自力でモンスターゾーンからペンデュラムゾーンに置けないため、あちらに比べて発動機会は少ないだろう。
 一応、《ペンデュラム・スイッチ》等とコンボすれば発動が狙える。

 《ヴァリアンツの聚−幻中》に比べると融合素材の必要数が少なく、自身の効果外テキストによる特殊召喚も可能なので、展開のしやすさで勝る。
 《ヴァリアンツの巫女−東雲》効果《ヴァリアンツの武者−北条》サーチし、そのままペンデュラム効果で展開すれば融合召喚の準備は整う。

 自身の効果外テキストの方法は、エクストラモンスターゾーンと同じ縦列のレベル5以上のヴァリアンツリリース
 ヴァリアンツは各自ペンデュラム効果で正面の位置に特殊召喚できるため、そこから何らかの効果を用いて隣のゾーンに移動すれば準備は整う。
 それら隣のゾーンに移動させる方法については《ヴァリアンツの巫女−東雲》を参照。
 また、エクストラモンスターゾーンの後ろの魔法&罠ゾーンに該当するヴァリアンツを配置し、《ヴァリアンツの忍者−南月》効果等でその正面に特殊召喚する手段もある。
 「エクストラモンスターゾーンと同じ縦列」なので、エクストラモンスターゾーンペンデュラム召喚されたヴァリアンツリリースできる。

 モンスター効果相手魔法&罠ゾーンモンスターカードバウンス、並びにバーン自己強化
 トリガーは自身の特殊召喚であり、蘇生制限を満たせればペンデュラム召喚蘇生帰還でも発動できる。
 同名カードターン制限が無いため、1ターンに2体の融合召喚を行ったり、フィールドを離してから再度特殊召喚を行えば2度目の発動も可能となる。
 相手デッキ【ペンデュラム召喚】ならばペンデュラムゾーンカードで自然と条件を満たせるため、メタ効果のように機能する。
 それ以外のデッキに対しては、《ヴァリアンツの聚−幻中》《VV−百識公国》効果コンボして能動的に条件を満たすとよい。
 バウンスにより相手に再利用を許しかねないのが欠点だが、そのモンスターカード次第では大きなバーン自己強化が望める。

  • 「グランデューク」とは、英語で「大公」を意味する。
    ちなみに「大公」を意味する英語としてはその《ブリキの大公》英語名に使用されている「アークデューク」も存在する。
    日本語訳は同じ単語ではあるものの、アークデュークが神聖ローマ皇帝を輩出する欧州最大の大貴族ハプスブルク家が独自に使用した爵位であるのに対し、グランデュークはトスカーナ大公国やリトアニア大公国のような自立した国家の君主の称号となる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ヴァリアンツG−グランデューク》 モンスター 融合モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星10 炎属性 機械族 攻2500 守2500 スケール10 ヴァリアンツ

広告