《ヴァリアンツの弓引(ゆみひき)西園(サイオン)

ペンデュラム・効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻1100/守1100
【Pスケール:青1/赤1】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
このカードを正面の自分のメインモンスターゾーンに特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「ヴァリアンツ」モンスターしか特殊召喚できない(EXデッキからの特殊召喚は除く)。
【モンスター効果】
このカード名の(1)(2)のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚されている場合、フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
コイントスを1回行う。
表だった場合、そのモンスターの効果を無効にする。
裏だった場合、その攻撃力は半分になる。
(2):モンスターゾーンのこのカードが他のモンスターゾーンに移動した場合、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
コイントスを1回行う。
表だった場合、そのカードを破壊する。
裏だった場合、そのカードを持ち主の手札に戻す。

 デッキビルドパック タクティカル・マスターズで登場する水属性魔法使い族下級ペンデュラムモンスター
 ペンデュラムゾーンの自身を正面に特殊召喚するペンデュラム効果対象モンスター効果無効化か弱体化かをコイントスに委ねる効果対象カード破壊バウンスかをコイントスに委ねる効果を持つ。

 ペンデュラム効果の注意点、及びモンスター効果発動条件などについては《ヴァリアンツの巫女−東雲》を参照。

 同様のペンデュラム効果を持ち種族・属性が共通する《ヴァリアンツの巫女−東雲》と比較すると、レベル4であるというのはこちらの大きな長所。
 下記の通り運に左右される部分はあるが、(1)のモンスター効果は自己特殊召喚を経てヴァリアンツテーマと無関係に機能する。
 召喚権を他に残しつつ、相手モンスターを処理する布石を打ってからランクエクシーズモンスターなどの素材にすることができる。

 (1)のモンスター効果コイントスの結果によって相手モンスター効果無効化か弱体化を行う効果
 どちらにしても処理しやすくはなるものの、狙った効果適用できるかは運任せになってしまう。
 一応、どちらの効果も永続的に作用するものなので、大型モンスター適用できればどちらの結果であっても無駄にはなりにくい。

 (2)のモンスター効果コイントスの結果によってフィールドのカード破壊バウンスを行う効果
 (1)と同様のコイントス効果だが、こちらは表でも裏でも対象のカードを除去できるので安定してボード・アドバンテージを稼げる。
 効果破壊耐性があっても五割の確率で排除でき、また発動した時点では「破壊するか否か」が確定していないので《スターダスト・ドラゴン》などにカウンターされない。
 一方で、発動時にメリット効果を持つ永続魔法などを対象にするとその再利用をさせてしまう可能性がある。
 そうした永続カードの再利用を狙って自分フィールドのカード対象にするギャンブルも一興ではあるが、相手フィールドの備えを崩すより優先されることは基本的にないだろう。

  • 「弓引(き)」は人物の肩書や職業などを示す言葉ではなく、「弓引く」という動詞からその行為を示す名詞として派生したもの。
    弓の名手・弓達者の人物という意味合いとしては「弓取(ゆみとり)」という言葉が存在する。
  • イラストの人物は緑を基調としたカラーリングの、名の通り弓を構えた若武者。
    一見風属性戦士のようだが、水属性魔法使いである。

関連カード

―《ヴァリアンツの弓引−西園》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《ヴァリアンツの弓引−西園》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星4 水属性 魔法使い族 攻1100 守1100 スケール1 ヴァリアンツ

広告