宇宙(そら)(ばさみ)ゼロオル》

リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/爬虫類族/攻2600
【リンクマーカー:上/左下/右下】
爬虫類族モンスター2体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
Aカウンターを置く効果を持つカード1枚をデッキから手札に加える。
(2):自分・相手フィールドのAカウンターを2つ取り除いて発動できる。
爬虫類族モンスター1体を召喚する。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
Aカウンターが置かれている相手モンスターは、守備表示になり、効果を発動できない。

 DAWN OF MAJESTYで登場した光属性爬虫類族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合にAカウンターを置けるカードサーチする誘発効果Aカウンター2つをコスト爬虫類族召喚する起動効果Aカウンターが置かれた相手モンスター守備表示にして効果の発動を封じる永続効果を持つ。

 爬虫類族リンク素材に指定するリンク3であり、展開力に乏しい【エーリアン】では出すには多少の工夫は必要。
 一応エーリアン限定でも手札《エーリアンモナイト》《エーリアン・ドッグ》墓地《エーリアンモナイト》蘇生できるエーリアンが揃えば出せなくもない。
 だが基本的には溟界など特殊召喚効果を持つ爬虫類族によって展開を補助し、消費を抑えて出したい。
 溟界カードを多数採用する必要があるが、《溟界の滓−ヌル》と手札コスト1枚の展開から(2)の効果に必要なAカウンター2つの乗ったこのカードリンク召喚まで可能。
 《レプティレス・エキドゥーナ》の(1)(2)のコンボ《未界域のツチノコ》《レプティレス・ヒュドラ》サーチし、あちらの効果で展開すれば実質爬虫類族2体の消費で出せる。

 (1)はAカウンターを置けるカードサーチ効果
 サーチ先には下級モンスターも多くそれらをサーチすれば(2)で召喚するモンスターの供給にもなる。
 (2)と相性の良い《エーリアンモナイト》こそサーチできないが、(3)とは非常に相性の良い《エーリアン・キッズ》サーチ範囲に含まれる。

 モンスター以外ではデッキ内にエーリアンモンスターが必要だが、《「A」細胞組み換え装置》墓地肥やしを兼ねつつAカウンターを複数置けるので有用性が高い。
 置ける数は1つに留まるが、発動条件コストもなしでAカウンターを置ける《侵食細胞「A」》も候補か。
 後述の通り(3)と相性の良い《惑星汚染ウイルス》も優秀なサーチ先となる。

 (2)はAカウンター2つをコスト爬虫類族召喚する効果
 コストにするAカウンター自分相手フィールドを問わないので状況に応じてコストを選択しやすい。
 ただし、(3)とのシナジーを考慮すると、相手の大型モンスターに置かれたAカウンターコストにしない方が都合が良い時もある。
 特殊召喚ではなく召喚なので、上級最上級モンスターを出すにはリリースが必要になる一方《エーリアンモナイト》《エーリアン・ドッグ》召喚成功時効果を使うこともできる。
 また、《エーリアン・ヒュプノ》再度召喚することで強力なコントロール奪取を利用することも可能。

 (3)はAカウンターが置かれた相手モンスター守備表示にして効果の発動を封じる効果
 特殊召喚したモンスターAカウンター置く《エーリアン・キッズ》と組み合わせて置いておくだけで相手の展開を大きく制限する制圧カードとなる。
 同様に《惑星汚染ウイルス》も相性が良く、(2)で召喚したエーリアン発動コストも賄える。
 この両者はいずれもチェーンブロックを作らず、相手モンスターフィールドに出た瞬間にAカウンターを置くので、特殊召喚時の誘発効果誘発即時効果発動も許さない。

 基本的には【エーリアン】で最も力を発揮するモンスターではある。
 ただ、Aカウンターさえ置くことができれば(2)(3)は【爬虫類族】全般で採用できる性能である。
 Aカウンターを置けるカード少量と共に出張採用してみるのも良いだろう。
 上述の《溟界の滓−ヌル》と手札コスト1枚の展開なら採用するエーリアン《エーリアン・キッズ》《エーリアン・バスター》の2枚のみでこのカード《エーリアン・キッズ》ロックが完成する。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《宇宙鋏ゼロオル》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 光属性 爬虫類族 攻2600

広告