悦楽(えつらく)堕天使(だてんし)

効果モンスター
星4/闇属性/天使族/攻1600/守   0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキから「悦楽の堕天使」以外の、
レベルが異なる「堕天使」モンスター2体を選び、
その内の1体を相手フィールドに守備表示で特殊召喚し、
もう1体を自分の手札に加える。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は天使族以外のモンスターの効果を発動できない。

 RISE OF THE DUELISTで登場した闇属性天使族下級モンスター
 召喚・特殊召喚に成功した場合に、レベルの異なる堕天使2体を選び、1体を相手フィールド特殊召喚し、もう1体を手札加える誘発効果を持つ。

 自分手札相手フィールド堕天使を加えるので差し引きでは1:1交換となる。
 発動後は天使族以外のモンスター効果発動が制限されるが、【堕天使】では然程気にならないだろう。

 サーチ候補としては、手札から捨てる事で発動する効果を持つ《堕天使イシュタム》《堕天使アムドゥシアス》が有力。
 維持したい堕天使が既にフィールドに存在するのならば手札から破壊身代わりになれる《堕天使テスカトリポカ》も候補。
 また、フィールド《享楽の堕天使》がいる場合は、あちらの効果による《堕天使ルシフェル》《堕天使ディザイア》アドバンス召喚も狙える。
 特に前者は堕天使送りつける事でリクルートできるモンスターと、墓地へ送る枚数を増やせる点でもシナジーする。

 リクルートした堕天使相手に利用される前に処理したい。
 バウンスカードで回収すれば、実質2体の堕天使サーチする事と同義になる。
 《超融合》等で《黎明の堕天使ルシフェル》融合素材として利用するのも手。
 低守備力堕天使リクルートして、《堕天使ネルガル》による貫通ダメージを狙うのも良い。
 《堕天使降臨》の補助にもなり、レベル8を送りつけ《堕天使スペルビア》などから展開も狙える。

関連カード

レベル別に見たメインデッキの堕天使

収録パック等


Tag: 《悦楽の堕天使》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 天使族 攻1600 守0 堕天使

広告