海竜神(かいりゅうしん)−ネオダイダロス/Ocean Dragon Lord - Neo-Daedalus》

効果モンスター
星8/水属性/海竜族/攻2900/守1600
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上に存在する「海竜−ダイダロス」1体を
リリースした場合のみ特殊召喚する事ができる。
自分フィールド上に存在する「海」を墓地へ送る事で、
このカード以外のお互いの手札・フィールド上のカードを全て墓地へ送る。

 ストラクチャーデッキ−海竜神の怒り−で登場した水属性海竜族特殊召喚モンスター
 《海竜−ダイダロス》リリースして特殊召喚する召喚条件《海》コストに自身以外のお互い手札フィールドのカードを全て墓地へ送る起動効果を持つ。

 最上級モンスター《海竜−ダイダロス》リリースする必要があるため特殊召喚は難しく、さらに効果の発動にも《海》が必要となるため、下準備に手間が掛かる。
 だが効果発動後は、高い攻撃力を持つこのモンスターのみがフィールドに残る上、相手手札も無くなるため、相手ドロー次第ではその後何の抵抗も許さずに勝利できる事も有り得るだろう。
 3回このカード直接攻撃を決めれば勝利できるため、相手に猶予をほとんど与えない。
 効果発動できれば、それだけで勝敗を決する能力を有しており、専用デッキを組む価値は十分にある。

 このカード及び《海竜−ダイダロス》サーチには《海皇の竜騎隊》が使える。
 《海竜−ダイダロス》《伝説の都 アトランティス》リリースを減らす事ができ、《水の精霊 アクエリア》《サイバー・ドラゴン》等を使えば1ターンでのアドバンス召喚も狙える。
 《忍法 超変化の術》で直接リクルートするのも手である。

 また、《海》《伝説の都 アトランティス》等で代用でき、それをサーチできる《アトランティスの戦士》も投入すればさらに成功率を上げられる。
 《フラッピィ》を採用する事で、効果発動後に《海竜−ダイダロス》蘇生しさらに戦闘ダメージを与える事も可能。

 効果発動すれば手札はどちらにせよ無くなってしまうため、ディスアドバンテージに構わず《打ち出の小槌》《手札抹殺》コンボパーツを呼び込むのも手。
 《忘却の海底神殿》《ディメンション・ゲート》モンスターを退避させるのも効果的で、後者は全体除去墓地へ送ることで即時帰還させるコンボが成立する。
 また、《青天の霹靂》特殊召喚して効果を使い、次の相手ターンの行動力を削ぐ事もできる。

関連カード

―類似効果

―《海竜神−ネオダイダロス》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:《海神の巫女》でも効果発動することができますか?
A:いいえ、効果発動できません。

Q:裏側守備表示《海竜−ダイダロス》リリースし、このカード特殊召喚できますか?
A:できます。(10/02/20)

Q:自分フィールド表側表示《伝説の都 アトランティス》《忘却の海底神殿》が存在しこのカードの効果発動する場合、これらのカードを全て墓地へ送る必要がありますか?
A:いいえ、どちらか1枚だけを墓地へ送って発動する事ができます。(09/12/16)


Tag: 《海竜神−ネオダイダロス》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星8 水属性 海竜族 攻2900 守1600 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告