鎧皇竜(がいこうりゅう)−サイバー・ダーク・エンド・ドラゴン》

融合・効果モンスター
星12/闇属性/機械族/攻5000/守3800
「鎧黒竜−サイバー・ダーク・ドラゴン」+「サイバー・エンド・ドラゴン」
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●「サイバー・エンド・ドラゴン」を装備した自分のレベル10以下の
「サイバー・ダーク」融合モンスター1体をリリースした場合にEXデッキから特殊召喚できる。
(1):このカードは相手が発動した効果を受けない。
(2):1ターンに1度、発動できる。
自分・相手の墓地のモンスター1体を選び、このカードに装備する。
(3):このカードは、このカードの装備カードの数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。

 ストラクチャーデッキ−サイバー流の後継者− サイバー流・奥義相伝パックで登場する闇属性機械族融合モンスター
 融合召喚または特定の方法でのみ特殊召喚できる召喚制限相手発動した効果を受けない効果お互い墓地から選んだモンスター装備できる効果、自身の装備カードの数まで攻撃できる効果を持つ。

 融合素材《鎧黒竜−サイバー・ダーク・ドラゴン》《サイバー・エンド・ドラゴン》といずれも非常に重い
 【サイバー・ドラゴン】《鎧黒竜−サイバー・ダーク・ドラゴン》を採用するにせよ、【サイバー・ダーク】《サイバー・エンド・ドラゴン》を採用するにせよ、特殊な構築になるのは否めない。
 そのため、《サイバネティック・ホライゾン》などでエクストラデッキから直接墓地へ送り《オーバーロード・フュージョン》などで墓地融合することになるだろう。
 《轟雷帝ザボルグ》なら融合素材両方と《オーバーロード・フュージョン》サーチできる《捕食植物キメラフレシア》まで落とせるため、次のターンになるものの融合召喚の準備が整う。
 また、融合素材代用モンスター《融合識別》を用いるのも有用で融合素材一方の代用になる。
 特に《ドロドロゴン》は、レベルサイバー・ダーク《ドラグニティ−ファランクス》からシンクロ召喚できるため、比較的無理なく併用できる。
 ただし、《サイバー・ダーク・キメラ》の(1)を発動したターン融合素材代用モンスターを使用出来ないので、その点は注意が必要。

 融合召喚以外にも《サイバー・エンド・ドラゴン》装備したサイバー・ダーク融合モンスターリリースすることでも特殊召喚できる。
 基本的には《鎧獄竜−サイバー・ダークネス・ドラゴン》で条件を満たす事になるが、この場合も《サイバー・エンド・ドラゴン》エクストラデッキから直接墓地へ送るようにしたい。

 (1)は相手発動した効果を受けない効果
 直接除去は概ね受け付けず、自分カードの効果は受けられるのでサポートや強化も行える。
 ただし、発動しない永続効果壊獣によるリリースといった隙もあり、《双穹の騎士アストラム》など戦闘で突破できるカードも少なくない。
 過信せず願わくば出したターンでそのまま決着をつけたい。

 (2)はお互い墓地から選んだモンスター装備する効果
 他のサイバー・ダークとは異なり攻撃力は得られないが、(3)の攻撃回数にも関わるため、とりあえず装備したい。
 サイバー・ダークドラゴン族《破壊剣−ドラゴンバスターブレード》なら装備モンスター効果を付与できる。
 相手墓地モンスター装備可能であり、墓地効果が気になるモンスターなどが存在するならそちらを優先して装備するのも良い。

 (3)は装備カードの枚数まで攻撃できる効果
 (2)は1ターンに1度の制限があるため、次のターンまで維持するか、他に装備魔法や能動的にこのカード装備カードになれるモンスターを用意する必要がある。
 後者の例だと、《サイバー・エンド・ドラゴン》エクストラデッキから直接墓地へ送る助けにもなる《教導神理》下級サイバー・ダークシナジーのある《アタッチメント・サイバーン》などが有力だろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《鎧皇竜−サイバー・ダーク・エンド・ドラゴン》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星12 闇属性 機械族 攻5000 守3800 正規の方法以外での特殊召喚不可 サイバー・ダーク サイバー

広告