覚醒(かくせい)三幻魔(さんげんま)

永続罠
(1):自分フィールドの「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」の
種類の数によって以下の効果を得る。
●1種類以上:相手がモンスターの召喚・特殊召喚に成功する度に、
自分はそのモンスターの攻撃力分だけLPを回復する。
●2種類以上:相手フィールドのモンスターが発動した効果は無効化される。
●3種類:相手の墓地へ送られるモンスターは墓地へは行かず除外される。
(2):自分ターンに1度、自分フィールドにレベル10モンスターが存在する場合に発動できる。
自分の墓地から永続罠カード1枚を選んで手札に加える。

 ストラクチャーデッキ−混沌の三幻魔−で登場した永続罠
 フィールドの三幻魔の種類の数によって最大3種類の効果適用する効果フィールドレベル10モンスターが存在する場合、永続罠サルベージする効果を持つ。

 (1)はフィールド三幻魔の種類の数によって以下の効果適用できる。
 「●1種類以上:」は相手召喚・特殊召喚に成功する度にその攻撃力ライフ回復する効果
 《儚無みずき》と似た効果であり、通常モンスター通常召喚にも対応する分あちら以上のライフ回復が期待できる。
 あちら同様相手が大量展開を行えば大量のライフ回復ができ、相手がそれを嫌って展開を抑えれば展開防止に繋がるため、どちらにせよ1ターンキルには大きな抑止力になる。

 「●2種類以上:」は相手フィールド発動したモンスター効果無効にする効果
 永続効果などの発動しない効果フィールド外で発動する効果には無力だが、フィールド発動する効果全てを無効にできるため非常に優位に立てる。
 《魔轟神獣ユニコール》同様チェーンブロックを作らずに無効にするため、チェーンできないモンスター効果無効にできる。

 「●3種類:」は相手墓地へ送られるモンスターを代わりに除外する効果
 相手だけに《次元の裂け目》適用できるため、一方的に墓地利用を阻害できる。

 どの効果も有力な効果であるが、フィールド三幻魔を並べる必要があるため、適用までのハードルが上がってしまう。
 カード名コピーでも可能だが、現状使用可能なカード名コピーできるモンスターはいずれも自分ターンのみで効果が切れてしまうため、相手の行動を継続的に制限するならやはり三幻魔自身を用意したい。

 なお、装備カード扱いなど、魔法&罠ゾーンに存在する三幻魔もカウントできる。
 《ユニオン・キャリアー》ならデッキから容易に装備カード状態の三幻魔を用意でき、《ユニオン・キャリアー》自身に《降雷皇ハモン》装備することなら狙える。
 《E・HERO プリズマー》を併せて用意すれば2種類は揃うので、「●2種類以上:」の効果適用し、相手モンスター効果を封じて攻める手もある。

 (2)は墓地永続罠サルベージする効果
 レベル10のモンスターが必要になるが、三幻魔レベル10であるため(1)の効果の適用を狙った場合自然と満たせる。
 また、《メタル・リフレクト・スライム》は「永続罠かつレベル10の罠モンスター」である事から適用条件とサルベージ対象を兼ねる上に《神炎皇ウリア》特殊召喚コストにも使えるため、シナジーが見込める。

 (2)の効果のみを目当てに、レベル10を簡単に出せるデッキに採用するのも手。
 《黄金卿エルドリッチ》ならレベル10なので条件を満たし、黄金郷永続罠を回収できる。
 そのほか、【時械神】《虚無械アイン》などの回収も狙えるか。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《覚醒の三幻魔》 永続罠

広告