赫焉竜(かくえんりゅう)グランギニョル/Granguignol the Dusk Dragon》

融合・効果モンスター
星8/光属性/魔法使い族/攻2500/守2500
「赫の聖女カルテシア」+光・闇属性モンスター
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
デッキ・EXデッキからレベル6以上の光・闇属性モンスター1体を墓地へ送る。
(2):相手が発動したモンスターの効果でモンスターが特殊召喚された場合、
フィールド・墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「ドラグマ」モンスター1体、またはEXデッキから「デスピア」モンスター1体を特殊召喚する。

 PHOTON HYPERNOVAで登場した光属性魔法使い族融合モンスター
 融合召喚に成功した場合にデッキエクストラデッキからレベル6以上の闇属性墓地へ送る誘発効果相手モンスター効果モンスター特殊召喚された場合に墓地フィールドの自身を除外し、デッキドラグマまたはエクストラデッキデスピア特殊召喚する誘発効果を持つ。

 融合素材に指定された《赫の聖女カルテシア》融合召喚効果を持つため、そちらを使えば消費を抑えて出せる。
 《赫の聖女カルテシア》を採用しやすい【アルバスの落胤】においても、《烙印融合》1枚から《烙印竜アルビオン》を経由する形で融合召喚可能。
 また、(2)に対応する【デスピア】融合召喚を軸とした闇属性主体のでデッキなので出しやすい。

 (1)はデッキエクストラデッキからの墓地肥やし
 レベル6以上の闇属性と範囲は非常に幅広く、候補は選り取り見取り。
 《黒衣竜アルビオン》《深淵の獣サロニール》墓地へ送れば烙印魔法・罠カード墓地へ送ることができる。
 どちらかを融合素材として、もう片方を(1)で墓地へ送るなら計2枚の烙印を落とせる。
 《烙印断罪》と任意の烙印墓地へ送ることで疑似サーチとすることも可能。
 【アルバスの落胤】では《アルバスの落胤》を融合素材として指定する融合モンスターを選ぶことで墓地効果を使用できるようになる。
 【デスピア】【ドラグマ】メインデッキに該当するモンスターが複数存在するため、蘇生サルベージコンボできる。
 【シャドール】でも使いやすく、《エルシャドール・アプカローネ》でのシャドールカードサーチ《エルシャドール・ネフィリム》によるサルベージによって必要カード手札に揃えられる。
 単純に同名カード墓地へ送って(2)の下準備を整えるのも良いだろう。

 (2)はデッキドラグマまたはエクストラデッキデスピア特殊召喚
 基本的には除去されたり各種素材やコストにした後に墓地コストでの発動が望ましいが、フィールドからも発動できるので場合によっては追撃手段にもできる。

 モンスター効果による特殊召喚をメインとするデッキは少なくないが、トリガー相手依存である以上攻めの戦略としては不安定さが否めない。
 どちらかと言えば除去からの建て直しなど保険的な運用や、(1)の墓地肥やしを主目的とした上で相手特殊召喚を躊躇わせる牽制としての役割が強くなるか。

  • 公式Twitterで設定画が公開されている。
  • カード名の「グランギニョル(Grand Guignol)」は、フランス・パリに19世紀末から20世紀半ばまで存在した芝居小屋の名前。
    また、そこから転じて同劇場で演じられていた「荒唐無稽な」「血なまぐさい」「こけおどしな」演目を指す。
    作劇に関した命名はデスピアと同様であり、(2)でもデスピアを指定しているためこちらと関係の深いカードなのだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《赫焉竜グランギニョル》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星8 光属性 魔法使い族 攻2500 守2500

広告