奇采(きさい)のプルフィネス》

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1800/守   0
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
デッキから罠カード1枚を除外して発動できる。
このカードのレベルを1つ上げる。
(2):自分または相手の墓地の罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外し、このカードのレベルを1つ上げる。
(3):このカードが相手によって破壊された場合に発動できる。
除外されている自分の通常罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。

 PHANTOM RAGEで登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 召喚・特殊召喚に成功した場合にデッキ罠カード除外して自身のレベルを1上げる誘発効果自分または相手墓地罠カード除外して自身のレベルを1上げる起動効果相手によって破壊された場合に、除外されている通常罠をセットする誘発効果を持つ。

 (1)(2)はこのカードレベルを1上げる効果
 (1)は召喚・特殊召喚に成功した場合にコストとしてデッキ罠カードを、(2)は効果自分または相手墓地罠カード除外することになる。
 実質的にデッキ墓地から任意の罠カード除外することができ、レベル調整ではなくそれを目的に発動するのも良い。
 通常罠除外すればこのカードの(3)の効果セットするカードの用意にもなるため、疑似サーチあるいは疑似サルベージにもなる。

 変わった所では星遺物罠カード除外して《星遺物へ至る鍵》との組み合わせを狙ってみるのも面白い。
 デッキ星遺物罠カード除外すれば疑似サーチとなり、自分墓地星遺物罠カード除外すれば疑似サルベージへとつなげることができる。
 星遺物罠カードは比較的強力な物が多く、選択肢としては申し分ないだろう。
 相手によって破壊された場合に、除外されている通常罠をセットできるため、《星遺物へ至る鍵》が無かったとしてもリカバリーは効くため相性は良い。

 効果による自身のレベルを変更することで素材として幅をもたせることができるが、レベル変更だけなら《ガガガマジシャン》《星向鳥》など他に扱いやすいモンスターが存在する。
 その使い方をするなら悪魔族である点や守備力0で《悪夢再び》などに対応する点を活かしたい。

 【メタファイズ】とは相性がよく《メタファイズ・アセンション》除外すればメタファイズカードサーチを行える。
 更にレベル5になったこのカード《メタファイズ・ラグナロク》フィールド限定の《マクロコスモス》と言える効果を持つ《電脳堺狐−仙々》シンクロ召喚につながる。

 (3)は除外されている通常罠セットする効果
 発動条件により相手によって破壊される必要があるため、能動的に発動するには自爆特攻が必要になる。
 (1)(2)でデッキ墓地から罠カード除外できるため、セットする通常罠に困ることはあまりない。
 なお(1)(2)で除外する罠カードはなんでもよいが、この効果セットできるのは自分通常罠のみである点は注意。

 同じく通常罠セットできるカードには《トラップトリック》《悪魔嬢リリス》《悪魔嬢マリス》などもある。
 それらと比べるとデッキピン挿し罠カードを(1)の効果と合わせて確実にセットできるのはこのカード独自の優位点である。
 一方、先攻ターン目など自爆特攻ができないタイミングでは発動自体が難しい点は小さくない欠点である。
 デッキに合わせて選択したいが、通常罠を多用するなら当然併用するのもよい。
 《悪魔嬢マリス》はこの効果の発動が難しい場合でも、(1)(2)の効果で任意の通常罠除外し、あちらの効果コストになってそのカードセットということができるため、相性も悪くない。

  • カード名の由来は、ソロモン72柱の元となった『悪魔の偽王国』に登場する悪魔「プルフラス」と策略や悪だくみを意味する「フィネス(finesse)」を組み合わせたものだろうか。
    カード名前半の「奇采」については、「奇才」あるいは「奇抜な采配」をもじった造語と考えられる。
  • 『ゴエティア』に登場するソロモン72柱のうち68柱が『悪魔の偽王国』から引用されたものであり、プルフラスはその引用から唯一漏れた悪魔である。

収録パック等


Tag: 《奇采のプルフィネス》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 悪魔族 攻1800 守0

広告