機皇枢(きこうすう)インフィニティ・コア》

効果モンスター
星1/闇属性/機械族/攻   0/守   0
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「機皇」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードは1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。
(3):このカードが効果で破壊された場合に発動できる。
同じ属性のモンスターが自分フィールドに存在しない「機皇帝」モンスター1体を
手札・デッキから召喚条件を無視して特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスター1体でしか攻撃宣言できない。

 デュエリストパック−冥闇のデュエリスト編−で登場する闇属性機械族下級モンスター
 召喚・特殊召喚に成功した場合に機皇魔法・罠カード1枚をサーチする効果1ターンに1度戦闘破壊耐性効果、自身が効果破壊された場合に同じ属性が存在しない機皇帝1体を手札デッキから召喚条件を無視して特殊召喚する効果を持つ。

 (1)は機皇魔法・罠カードサーチする効果
 カードの発動機皇モンスターサーチできる《機皇創出》とは相互サーチが可能であり、あちらと合わせて実質機皇カード全てにアクセスできる。
 また《機皇創出》はこのカード破壊することができるため、(3)の効果を能動的に発動することができる点でも非常に相性が良い。

 (2)は戦闘破壊耐性
 として使えなくもないが、例え守備表示でも貫通持ちなどにサンドバッグにされる危険性もある。
 基本的には当てにせず、速やかに効果破壊して(3)の効果に繋ぐ、あるいは素材に利用してフィールドから離すとよい。

 (3)はカードの効果破壊された場合に機皇帝召喚条件を無視してデッキ手札から特殊召喚する効果
 自分効果破壊してもよく、能動的に発動するなら上述の通り(1)でサーチできる《機皇創出》破壊するとよい。
 《カオス・インフィニティ》も相性が良く、自壊デメリット付きで特殊召喚するため、自動的に発動可能となる。
 機皇帝特殊召喚した場合1体でしか攻撃できないが、《機皇帝ワイゼル∞》《機皇帝スキエル∞》は元から他のモンスター攻撃できないデメリットを持つのであまり気にならない。
 ただこのデメリットのため、《リミット・リバース》蘇生して自壊し、機皇帝を複数並べても攻めにくい。

  • コナミのゲーム作品において―
    上記の《◯◯・コア》がタッグフォースシリーズに収録された際、1ターンに1度だけの戦闘破壊耐性が追加されている。
    このカードの(2)の効果はそれを再現したものだろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《機皇枢インフィニティ・コア》 効果モンスター モンスター 星1 闇属性 機械族 攻0 守0 機皇

広告