教導(ドラグマ)騎士(きし)フルルドリス/Dogmatika Fleurdelis, the Knighted》

効果モンスター
星8/光属性/魔法使い族/攻2500/守2500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):EXデッキから特殊召喚されたモンスターがフィールドに存在する場合、
自分・相手のメインフェイズに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
自分フィールドに他の「ドラグマ」モンスターが存在する場合、
さらにフィールドの表側表示モンスター1体を選んでその効果をターン終了時まで無効にできる。
(2):自分の「ドラグマ」モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
自分フィールドの全ての「ドラグマ」モンスターの攻撃力は500アップする。

 RISE OF THE DUELISTで登場した光属性魔法使い族最上級モンスター
 エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが存在する場合に手札から特殊召喚し、他のドラグマが存在すればモンスター1体の効果無効化できる誘発即時効果ドラグマ攻撃宣言時にドラグマ全体強化する誘発効果を持つ。

 (1)は手札からの特殊召喚
 発動条件下級ドラグマと同じだが、こちらは相手メインフェイズにも発動でき、更に他のドラグマが存在すればモンスター1体の効果無効化が可能。
 相手ターン発動すれば相手の不意を衝く形で無効化できるため、妨害手段としても機能する。
 無論、自分ターンに使用して相手自己強化などを無効化し、戦闘で優位に立つという使い方も良い。

 (2)はドラグマ全体強化
 強化は永続であり、何度も発動できれば総合的にはかなりの強化が見込める。
 自身の攻撃トリガーとなるので、自身単体でも3000打点として機能する。

 効果はいずれも自身で完結している上に、ドラグマに属しながらもエクストラデッキへの制限もないので、単体で汎用札としても使える。
 その場合(1)の妨害は期待し難いが、【魔法使い族】【ランク8】などで各種素材やアタッカーとして運用可能。
 相手エクストラデッキを使わずとも、自分エクストラデッキを使うデッキならば(1)による展開も難しくない。

  • 「フルルドリス」の語源は、アヤメの花をモチーフとした紋章・意匠である「フルール・ド・リス」(仏語:fleur-de-lis)だろう。
    王権や芸術の象徴的な紋章であり、特にフランス王家と関係が深い。
  • Vジャンプ(2020年6月号)によると、「ドラグマ」の信徒で構成される教導軍の騎士長であるとのこと。
    また、四肢に“聖痕”を宿しており、エクレシアとともに聖女と呼ばれ《教導国家ドラグマ》の国民に慕われているという。
    彼女がイラストで身に付けている「剣・盾・鎧」は教会における3つの神器であり、強大な奇跡の力を持つ者しか扱えないとされている。

関連カード

―《教導の騎士フルルドリス》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:相手フィールド《D−HERO Bloo−D》エクストラデッキから特殊召喚されたモンスター自分フィールドドラグマモンスターがいます。
  このモンスター特殊召喚した場合、《D−HERO Bloo−D》を選ぶことで《D−HERO Bloo−D》効果無効化できますか?
A:はい、無効化できます。(20/07/01)


Tag: 《教導の騎士フルルドリス》 モンスター 効果モンスター 星8 光属性 魔法使い族 攻2500 守2500 ドラグマ

広告