(きん)じられた一滴(ひとしずく)/Forbidden Droplet》

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・フィールドから、
このカード以外のカードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる。
その数だけ相手フィールドの効果モンスターを選ぶ。
そのモンスターはターン終了時まで、攻撃力が半分になり、効果は無効化される。
このカードの発動に対して、相手はこのカードを発動するために墓地へ送ったカードと
元々の種類(モンスター・魔法・罠)が同じカードの効果を発動できない。

 RISE OF THE DUELISTで登場した速攻魔法
 コストとして手札フィールドのカードを任意の枚数墓地へ送り、その枚数分相手フィールド効果モンスター攻撃力を半分にし、効果無効にする効果

 《迷い風》同様攻撃力を半減しつつ効果無効にすることができ、戦闘破壊の補助、コンバットトリックとして使える。
 任意の数のモンスター効果を及ぼせ、効果処理時に選択するために対象をとらない効果という利点もある。
 また速攻魔法であるため、発動までのタイムラグも存在せず、禁じられたカードであるため《失楽の魔女》サーチに対応する。

 コストとしてカード墓地へ送る必要があるためディスアドバンテージが大きいが、コストに使ったカードの種類モンスター魔法)と同じカードチェーンを封じる効果を持つ。
 この効果によりモンスター墓地へ送ることで、《神光の宣告者》などに対処されずにそちらを無効化するという、制圧メタとして使うことが可能。
 攻撃力の半減があるため、《シューティング・クェーサー・ドラゴン》などのステータスが高い制圧モンスターに対しても強い。
 ただし、コストとしての墓地送りを阻害する《閃光の追放者》《M・HERO ダーク・ロウ》には無力な点には注意。

 任意のタイミングで発動するのが難しくなるが、先に発動した魔法・罠カードコストに使ったり、除去対象となったモンスターコストに利用することで重さをある程度解消できる。
 《非常食》とのコンボと同じく、《ゴブリンのやりくり上手》ならば発動チェーンして墓地へ送ることでドローの増加も見込める。
 また、変則的な使い方としてダメージステップ中に攻撃を受けているモンスターコストにすることでその攻撃を実質的に無効化できる。
 攻撃を回避しつつ相手の後続モンスターの弱体化に繋げることができれば理想的だろう。

 競合相手となるのは《冥王結界波》
 こちらはコストがあり、複数体を無効化しようとすると、それに応じてコストも増えるというデメリットがある。
 しかし、コスト次第でチェーン封じを魔法・罠カードにも仕掛ける事ができる他、攻撃力の半減もある上に発動後のデメリットもない。
 何より、速攻魔法であるため、モンスター効果の発動チェーンして無効化したり相手ターンでの妨害ができるのが大きな優位点。
 先攻ならば初手で握ってもセットする事で相手後攻ターン目の動きの妨害に繋がるこちらを優先したい。
 対して、後攻ならばディスアドバンテージ無しで相手先攻ターン目で築いた布陣を崩せるあちらにも十分に利点はある。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:10枚の自分カード除外されており、自分モンスターゾーン表側表示で存在する《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》は自身の(1)のモンスター効果によって、攻撃力守備力が4000の状態になっています。
  この状況で、その《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》に《禁じられた一滴》の効果適用された場合、攻撃力守備力はどうなりますか?
A:質問の状況の場合、《禁じられた一滴》の効果適用されたモンスター攻撃力フィールド適用されている攻撃力の数値の半分になりますので、《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》攻撃力は4000の半分の2000になります。
  また、《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》の(1)のモンスター効果は、《禁じられた一滴》の効果によって無効化されますので、《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》守備力は0になります(20/07/27)

Q:自身の効果特殊召喚されている《黄金郷のコンキスタドール》墓地へ送った場合、発動できなくなるカードの種類は何ですか?
A:罠カードです。(20/05/14)


Tag: 《禁じられた一滴》 魔法 速攻魔法 禁じられた

広告