原質の円環炉(マテリアクトル・アニュラス)

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドのX素材を1つ取り除く。
取り除いたX素材が自分の墓地へ送られた場合、さらにそのカードを自分フィールドにセットできる。

 DIMENSION FORCEで登場した通常魔法
 自分フィールドエクシーズ素材を1つ取り除き、それが自分墓地へ送られた場合はそのカードフィールドセットできる効果を持つ。

 言わば、墓地を経由してエクシーズ素材フィールドセットさせるカードである。
 通常ではモンスターカードセットする事になるが、裏側表示モンスターエクシーズ素材にできないため、活用法が限られる。
 何らかの手段でリバースする、コストリリースに用いる、相手ターンを凌いで次のターンまで維持する等の工夫が求められる。
 リバースモンスター等のリバースした時の効果を持つモンスターセットできれば望ましい。

 何らかの経緯により魔法・罠カードエクシーズ素材にしている場合は、モンスターカードに比べてセットする点がネックになりにくい。
 速攻魔法以外の魔法カードならば即座に使用できるため、ほぼサルベージに等しい役割となる。
 《RUM−幻影騎士団ラウンチ》《エクシーズ・リボーン》といった発動条件を満たしつつ自身をエクシーズ素材とするカードとは相性が良く、特に後者は次のターンに再度エクシーズモンスター蘇生できる。
 個別のエクシーズモンスターでは、墓地カードエクシーズ素材にできる《神樹獣ハイペリュトン》等とシナジーする。

 共通効果墓地からエクシーズ素材になれる【スプリガンズ】に採用すれば、実質的に裏側表示での蘇生カードとなる。

  • 「アニュラス(annulus)」はラテン語で「小さい環」を意味する。
    数学分野においては2つの同心円によって囲まれた領域を指し、日本語の「円環」に相当する。
  • 「マテリアクトル」の名を持つことから、直接の由来は原子力発電における「アニュラス部」だろう。
    原子炉格納容器と原子炉建屋の間にある気密性の高い円環状空間を意味する。
    この空間を負圧に保つことで、事故時に原子炉格納容器から漏えいする放射性物質を閉じ込める二重格納設備としての機能を有する。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《原質の円環炉》 魔法 通常魔法

広告