原初(げんしょ)(たね)/Primal Seed》

通常魔法(制限カード)
「カオス・ソルジャー −開闢の使者−」または「混沌帝龍 −終焉の使者−」が
フィールド上に存在する場合に発動する事ができる。
ゲームから除外された自分のカード2枚を自分の手札に加える。

 混沌を制す者で登場した通常魔法
 特定のカードフィールドに存在する場合、除外されたカード2枚を手札戻す効果を持つ。

 除外されていれば、カードの種類や表裏を問わず直接手札に回収できる唯一のカードである。
 発動できれば1:2交換アドバンテージも得られるが、発動条件が限定されているので腐る場面も多いのがネック。
 このカードのために構築を変えるようなことはせず、《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》《混沌帝龍 −終焉の使者−》を主軸とするデッキに採用を検討する程度の認識で良いだろう。

 《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》《混沌帝龍 −終焉の使者−》召喚条件としてモンスター2体を除外するため、他のカードに頼らずとも発動条件を満たせる。
 しかし、なるべく戦況に応じたカードを回収しないとリターンが少ないので、ある程度能動的に自分カード除外するデッキに採用した方が良いだろう。
 カード名コピーにより発動条件を満たしつつ、《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》《混沌帝龍 −終焉の使者−》除外できる《ファントム・オブ・カオス》は好相性。
 自身が闇属性なので墓地へ送られた後はそれらの墓地コストとして特殊召喚に貢献できる点も噛み合う。
 魔法・罠カード裏側表示で除外されたカードも回収できるのがこのカードの強みであり、それらも含めれば除外手段は豊富に存在する。
 特に、《強欲で貪欲な壺》除外枚数も多いので選択肢を広げる意味でも相性が良く、あちらの効果と合わせて手札を2枚も増強できる。
 その他、《暴走する魔力》魔法カード除外して回収したり、墓地から除外して発動する魔法・罠カードを回収して再利用するなども可能。
 《封印の黄金櫃》と組み合わせれば、間接的に任意のカードサーチする事もできる。

 単純に発動条件となる2体と、召喚条件としても手札フィールドに存在しても相性のいいモンスターを回収するのもいいだろう。
 《エフェクト・ヴェーラー》《幽鬼うさぎ》といった手札誘発墓地へ送りやすく、サルベージすれば相手にプレッシャーを与えやすい。
 同じく手札誘発《ジュラゲド》効果カオス2体の攻撃力を4000にでき、特に連続攻撃を持つ《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》とはシナジーが強い。
 ライフ回復も、そのターンでの併用は無理だが《混沌帝龍 −終焉の使者−》リセット効果の糧となる。

 また、あくまで発動条件は該当するカードフィールドに存在する場合であり、モンスターゾーンとは指定されていない
 そのため《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》または《混沌帝龍 −終焉の使者−》装備カード化されていても良い。
 特に光属性《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》《ユニオン・キャリアー》単体でデッキから装備カードにできるため、こちらで発動条件を補助するのも考えられる。
 その他、《巨竜の聖騎士》《ドラグニティアームズ−レヴァテイン》等で《混沌帝龍 −終焉の使者−》装備する手もある。

関連カード

除外されているカード手札戻すカード帰還を参照

収録パック等

FAQ

Q:除外されたカード対象に取りますか?
A:はい、対象に取ります。(11/08/17)

Q:効果処理時に選択したカードのどちらか1枚が除外カードではなくなった場合、残りの1枚を手札加えることは可能ですか?
A:残りの1枚を手札加える事はできません。(12/01/28)

Q:自分フィールド上に《ドラグニティアームズ−レヴァテイン》に装備された《混沌帝龍 −終焉の使者−》が存在する場合に《原初の種》を発動できますか?
A:魔法&罠ゾーン《混沌帝龍 −終焉の使者−》装備魔法カード扱いで存在する場合でも、《原初の種》を発動する事ができます。(16/03/09)


Tag: 《原初の種》 魔法 通常魔法

広告