古生代化石竜(こせいだいかせきりゅう) スカルギオス/Fossil Dragon Skullgios》

融合・効果モンスター
星8/地属性/岩石族/攻3500/守   0
岩石族モンスター+相手の墓地のレベル7以上のモンスター
このカードは「化石融合−フォッシル・フュージョン」の効果でのみEXデッキから特殊召喚できる。
(1):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。
その相手モンスターの攻撃力と守備力をそのダメージステップ終了時まで入れ替える。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(3):融合召喚したこのカードが相手モンスターとの戦闘で相手に与える戦闘ダメージは倍になる。

 COLLECTION PACK 2020で登場した地属性岩石族融合モンスター
 自身と戦闘するモンスターステータスを入れ替えられる誘発効果貫通ダメージを与える永続効果モンスターとの戦闘で生じる戦闘ダメージが倍になる永続効果を持つ。

 《古生代化石騎士 スカルキング》に比べると、融合素材の後半部分に「相手墓地」という指定がある。
 デッキによってはレベル7以上のモンスターが採用されていないケースもあるため、融合召喚相手依存になりやすい。
 正規の融合召喚を諦め、《タイム・ストリーム》での特殊召喚のみを狙うという割り切りも場合によっては必要か。

 (1)は戦闘時のステータス入れ替え。
 任意効果であるため、相手モンスターは必ず攻撃力守備力のうち低い側の数値でダメージ計算を行うことになる。
 攻撃したときは勿論、攻撃された際にも発動できるので、共に3500以上のステータスを持つモンスターでなければ、攻撃表示のこのモンスター戦闘で突破することは不可能になる。

 (2)は本来はおまけ程度の重要性に留まりがちな貫通効果だが、このカードの場合は(1)の効果との親和性が高い。
 (1)の効果での入れ替えにより低い守備力を狙われて大ダメージを受けることを避けるために、守備表示にして戦闘ダメージを回避することを相手に許さない。
 攻撃力守備力のいずれかが低いモンスターを相手取っていれば、表示形式を一切気にせずに戦闘で致命傷を与えることができる。

 (3)は融合召喚に成功している場合の戦闘ダメージ倍化。
 (1)(2)の効果と合わせてその破壊力は凄まじく、単独で最大7000もの戦闘ダメージを与えられる。
 送りつけにより主体的に活用するのも容易であり、《トーチ・ゴーレム》などを送りつけ攻撃すれば大ダメージ、少し強化すれば1ターンキルも視野に入る。
 上記の通り攻撃対象守備表示でも構わないので、《おジャマトリオ》《ギブ&テイク》なども活用できる。

 総じて、容易にフィニッシャーになり得る豪快な攻撃性能を誇るモンスターといえる。
 反面、守備力は致命的に低く、表示形式を変更されると下級モンスターでもあっさり突破されてしまう点は注意。
 効果耐性も全く無く、《化石融合−フォッシル・フュージョン》対象耐性を付与するのも、融合素材の関係でやや狙いにくい。
 極力、出したターン攻撃で大ダメージを与えて勝利を狙うと良いだろう。

  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCEでは2以降からオリジナルカードとして以下の性能で登場していた。
    自分の墓地の岩石族モンスター+相手の墓地のレベル8以上のモンスター
    このカードは「化石融合−フォッシル・フュージョン」の効果でのみ特殊召喚できる。
    このカードが攻撃した場合、攻撃対象となるモンスターの攻撃力と守備力をダメージステップの間入れ替える事ができる。
    このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、
    その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。

関連カード

―類似効果

収録パック等


Tag: 《古生代化石竜 スカルギオス》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星8 地属性 岩石族 攻3500 守0 化石 正規の方法以外でエクストラデッキから特殊召喚不可

広告