光虫異変(バグ・エマージェンシー)/Bug Emergency》

通常罠
「光虫異変」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地の昆虫族・レベル3モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
(2):自分の墓地からこのカードとXモンスター1体を除外して発動できる。
自分フィールドの全ての昆虫族・レベル3モンスターのレベルはターン終了時まで、
除外したXモンスターのランクと同じ数値のレベルになる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は昆虫族モンスターしか特殊召喚できない。

 シャイニング・ビクトリーズで登場した通常罠
 昆虫族レベルモンスター蘇生する効果、自身とエクシーズモンスター除外してレベルを変更させる効果を持つ。

 (1)は墓地から昆虫族レベルモンスター2体をノーコスト蘇生する効果
 効果無効化されるが各種素材やリリースにしてしまえば気にならない。
 墓地へ送られた場合の効果は有効なので、《ゴキポール》ならサーチまたはリクルートが可能になる。
 電子光虫《バチバチバチ》エクシーズモンスター効果を付加する効果があるため相性が良い。
 《共鳴虫》2体を出し、自爆特攻してもいい。
 蘇生する一体をチューナーにすればレベル6のシンクロ召喚もでき、さらにレベルモンスター召喚すれば《氷結界の龍 トリシューラ》も狙える。
 なお、メインデッキ電子光虫共通の効果外テキスト無効化できないため、電子光虫を素材として昆虫族以外のエクシーズ召喚は行えない。

 (2)は墓地のこのカードエクシーズモンスター1体を除外して、フィールドの全ての昆虫族レベルモンスターレベル除外したエクシーズモンスターランクと同じ数値のレベルにする効果
 この効果発動後は昆虫族モンスターしか特殊召喚できなくなる制約があり、レベルを変更することを考えればエクシーズモンスターに利用する事になる。

 ただ、レベル3主体ならランク3をエクシーズ召喚することが多く、それ以外のランクとなると何かしらの手段で墓地へ送る必要がある。
 そのため、電子光虫エクシーズモンスターランク3の上に重ねて出し、それが墓地へ送られた後に再利用するという動きが基本となるか。

 《おろかな重葬》などを使う必要はあるが、《No.35 ラベノス・タランチュラ》《No.84 ペイン・ゲイナー》などを出すことも狙える。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《光虫異変》 通常罠

広告