光波干渉(サイファー・インターフィアー)

永続魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドに同名モンスターが存在する、
自分の「サイファー」モンスターが戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。
その戦闘を行う自分の「サイファー」モンスターの攻撃力はバトルフェイズ終了時まで倍になる。

 ANIMATION CHRONICLE 2021で登場した永続魔法
 同名カードが存在するサイファーモンスター攻撃力を倍にする効果を持つ。

 デメリットなしに攻撃力を倍にできるが、サイファー同名カードが必要なので若干の展開力は求められる。
 《光波双顎機》ならば、効果によって同名カードを2体並べることが可能だが、最も効果的なのは《銀河眼の光波竜》《超銀河眼の光波龍》とのコンボだろう。
 これらのモンスター効果によって、同名カード扱いでコントロール奪取することで条件を満たせる上に、モンスター越しでも大ダメージを与えられる。
 元のサイファー・ドラゴン直接攻撃可能ならそちらを強化してもいいだろう。
 《光波異邦臣》《光波鏡騎士》で容易にサーチできるのも強み。

 ダメージ計算前発動できる《オネスト》とは相性がよく、《オネスト》で上がった攻撃力をそのまま倍にできる。
 《銀河眼の光波竜》攻撃した場合、攻撃力2000以上の相手モンスターとの戦闘ならば8000以上の戦闘ダメージを与えることができるため1ショットキルが成立する。

  • 光は波の性質を持ち、複数の光が重なるとその波長により強まったり弱まったりする。
    これを光の干渉といい、カード名の由来はこの特徴と思われる。
  • イラストOCG化に際して中央に輝きが追加されるなど細部が異なっている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《光波干渉》 魔法 永続魔法 サイファー

広告