高尚儀式術(こうしょうぎしきじゅつ)

儀式魔法
儀式モンスターの降臨に必要。
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターと同じになるように、
手札の通常モンスターをリリースし、デッキから儀式モンスター1体を儀式召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは相手エンドフェイズに持ち主のデッキに戻る。

 DAWN OF MAJESTYで登場した儀式魔法
 手札通常モンスターリリースしてデッキから儀式モンスター儀式召喚する効果を持つ。

 《高等儀式術》とは逆に、こちらは手札通常モンスターを、デッキ内に儀式モンスターを必要とする。
 運用する上では手札に揃えるのが通常モンスターか、儀式モンスターかの違いとなる。
 儀式モンスターの場合、儀式魔法と共に《虹光の宣告者》《マンジュ・ゴッド》サーチが効き、《儀式の下準備》なら儀式モンスター儀式魔法をセットで手札加えることができる。
 通常モンスターの場合、リクルート手段こそ多いが汎用的なサーチ手段は《召喚師のスキル》《苦渋の決断》などに限られる。
 基本的には《儀式の下準備》に対応しない《オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン》《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》《虚竜魔王アモルファクターP》等を儀式召喚したい場合の選択肢の一つとなるか。

 また、使用する通常モンスターの枚数が増えるほどディスアドバンテージとなるので、採用する通常モンスターレベル儀式モンスターと同じになるようにするべきだろう。
 通常モンスターレベルの最大は8なので、レベル9以上の儀式召喚を行うには2枚以上の通常モンスターが必要となる。
 《高等儀式術》墓地へ送る枚数を増やせる他、下級通常モンスターのみでも高レベル儀式モンスターを運用できるため、全体的な使いやすさは《高等儀式術》の方が勝る。
 《高等儀式術》墓地に送った通常モンスター《闇の量産工場》サルベージし、連続儀式召喚につなげることはできる。
 手札加えやすい通常モンスターもいくらか存在し、専用のサーチサルベージ手段を持つ《ブラック・マジシャン》や、種族サーチできる《ゴギガ・ガガギゴ》《融合徴兵》サーチできる融合素材モンスターリリースに充てるのも良い。

 一般的な儀式魔法と違い儀式モンスターを引いてしまうと困るので、その場合の対処も考えておきたい。
 あるいは、《高等儀式術》聖刻を利用する【儀式召喚】手札通常モンスターを引いてしまった場合の対処法として採用しておくことも考えられる。
 《古聖戴サウラヴィス》なら《聖なる篝火》《古聖戴サウラヴィス》《ホーリー・ナイト・ドラゴン》を選んでサーチできるため、《高尚儀式術》《高等儀式術》を使い分けやすい。
 同様に《オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン》《螺旋のストライクバースト》《オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン》《オッドアイズ・アークペンデュラム・ドラゴン》を選んでサーチできる。

 相手エンドフェイズデッキバウンスされてしまうデメリットが付属している。
 この都合上、《神光の宣告者》のような維持を狙う儀式モンスターとは相性が悪く、《終焉の王デミス》のような出したターンに勝利を狙える短期決着型の儀式モンスターと組み合わせたい。
 【青眼の白龍】なら《青眼の白龍》サーチしやすく、《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》が短期決戦に向くため、こちらも相性が良い。
 あるいは《メガリス・オク》竜の聖騎士のように自身を消費する儀式モンスターならばデメリットを抑えやすい。
 【聖刻リチュア】でも儀式モンスターエクシーズ素材にすることが多くデメリットの回避は容易い。

 《古聖戴サウラヴィス》《Raging Storm Dragon - Beaufort IX》なら、自身を手札戻すことでデメリットを回避し、手札誘発にも繋げられる。
 エンドフェイズに強制的に手札戻る霊魂儀式モンスターならばデメリットも全く関係ないため、【霊魂】に採用してみるのも良い。

  • 高尚(こうしょう)」は「俗気がなく程度が高い事」を指す。

関連カード

収録パック等


Tag: 《高尚儀式術》 魔法 儀式魔法

広告