告天子竜(こうてんしりゅう)パイレン》

エクシーズ・効果モンスター
ランク6/風属性/幻竜族/攻2700/守1300
レベル6モンスター×2
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「告天子竜パイレン」以外の墓地から特殊召喚されたモンスターがフィールドに表側表示で存在する限り、
このカードは戦闘・効果では破壊されない。
(2):自分・相手のスタンバイフェイズにこのカードのX素材を1つ取り除き、
自分の墓地のレベル5以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 DAWN OF MAJESTYで登場した風属性幻竜族エクシーズモンスター
 自身以外に蘇生したモンスターが存在する場合に戦闘効果破壊されない永続効果お互いスタンバイフェイズエクシーズ素材を取り除き墓地レベル5以下を蘇生する誘発効果を持つ。

 (1)は戦闘効果破壊されない耐性効果
 墓地から蘇生したモンスターが必要だが(2)により自前で用意することも可能。
 《戦線復帰》などでフリーチェーン蘇生することで相手除去を躱すこともできる。
 また、相手フィールド墓地から蘇生したモンスターが存在する場合にも適用できるため、蘇生によって呼び出された相手モンスターに対してはある程度のになる。
 とはいえ、破壊以外の除去手段に対しては何ら耐性を持たないため、過信は禁物だろう。
 ちなみに、このカード蘇生して何らかの手段でカード名を変更した場合でも耐性は付与される。

 (2)は墓地レベル5以下のモンスター蘇生する効果
 蘇生先はレベル5以下でありこのカードの素材指定と合わないため、レベル5以下を使いつつランク6も扱えるデッキでないとうまく活用できない。
 また通常最初にこの効果発動するのは相手スタンバイフェイズであり、蘇生先を戦闘効果で簡単に除去される可能性もある。
 そのためできれば蘇生トリガーアドバンテージを稼げる効果を持つものや制圧効果を持つものの蘇生を行いたい。
 結界像《フォッシル・ダイナ パキケファロ》相手スタンバイフェイズ蘇生することで制圧が可能。
 手札誘発を兼ねる《幽鬼うさぎ》《アーティファクト−ロンギヌス》効果使用後に妨害として再利用できる。
 《転生竜サンサーラ》など、蘇生効果を持つモンスター蘇生すれば2回分以上の耐性を得ることも可能。

 素材指定は汎用だが、上述の通り(2)の効果の癖が強く使いこなすには工夫が必要。
 【ヴァンパイア】ランク6も立てられ、《ヴァンパイアの使い魔》など蘇生によりアドバンテージを稼げるモンスターも存在するため採用を検討できるか。
 【ドライトロン】では《宣告者の神巫》効果ランク6を立てやすく、カテゴリ全体が蘇生を得意としているため維持しやすい。
 また、相手ターン蘇生ドライトロンの制約を気にする必要がないため《宣告者の神巫》蘇生し、さらなるアドバンテージを得ることもできる。
 【ランク4】などで《竜巻竜》《RUM−アストラル・フォース》を使用してエクシーズ召喚した場合は蘇生先に困ることはないだろう。
 単純に蘇生したモンスターを利用するだけなら《I:Pマスカレーナ》と組み合わせるだけでもいいが、蘇生したモンスターがいなくなれば(1)が利用できなくなる点には注意。

 相手ターンアーティファクト特殊召喚する手段にもなり、アーティファクト出張するデッキなら候補となるか。

  • 「告天子」はスズメ目ヒバリ科の鳥、ヒバリの別名の1つ。
    モンゴル〜中国に住む鳥「コウテンシ」と日本の「ヒバリ」は別種の鳥なのだが、日本では同一視されヒバリの別名として定着している。
    (パイ)レン(「レン」はヨの冠の下に火)」は、ヒバリの中国語である。

収録パック等


Tag: 《告天子竜パイレン》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク6 風属性 幻竜族 攻2700 守1300

広告