痕喰竜(こんじきりゅう)ブリガンド》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/獣族/攻2500/守2000
「アルバスの落胤」+レベル8以上のモンスター
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは戦闘では破壊されない。
(2):融合召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手は自分フィールドの他のモンスターをモンスターの効果の対象にできない。
(3):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「トライブリゲード」モンスターまたは「アルバスの落胤」1体を選び、手札に加えるか特殊召喚する。

 PHANTOM RAGEで登場した闇属性獣族融合モンスター
 戦闘破壊されない効果自分フィールドモンスター相手モンスター効果への対象耐性を付与する効果墓地へ送られたターンエンドフェイズトライブリゲード《アルバスの落胤》サーチリクルートする効果を持つ。

 名指しで指定されている《アルバスの落胤》効果によって融合召喚する場合、融合素材に指定されているレベル8以上のモンスター相手フィールドから選ぶことになる。
 しかし、レベル8以上のモンスターは採用していないデッキも珍しくなく、《灰燼竜バスタード》に比べるとこの方法での融合召喚は少々狙いにくい。
 安定させるのであれば、相手レベル8以上の壊獣送りつけ融合素材にする等の工夫も必要となる。
 必ずしも《アルバスの落胤》効果を使う必要はないので、他の融合召喚を行えるカード融合素材代用モンスターを使用してもよく、自分手札フィールドにならレベル8以上も用意しやすい。
 ただ、(3)でサーチリクルートできるトライブリゲードにはレベル8以上のモンスターは現状存在していないため、自前で2体目の融合素材を用意するということはできない。

 (1)は戦闘破壊されない効果
 レベルに対して攻撃力は低めなので持っていて損はない。
 相手ターン融合召喚すればにもなってくれる。

 (2)は相手モンスター効果対象に対する耐性を付与する効果
 (1)の効果からそれなりに場持ちはあるので、他のモンスターで攻め込みやすくなる。
 このカード自身が狙われやすくなるが、破壊墓地へ送る式の除去であれば(3)の効果でリカバリーしやすい。
 魔法・罠カードバウンス除外には弱いので過信は禁物である。
 また、融合召喚以外の方法で特殊召喚されている場合には適用されないことも忘れないようにしよう。

 (3)はトライブリゲードまたは《アルバスの落胤》サーチリクルート
 対象が違う程度で概ね《灰燼竜バスタード》と同じ効果である。
 メインデッキトライブリゲードは3種類しか存在せず、あちらの効果サーチ墓地送りも行うのでデッキから切れやすい点は注意したい。

  • 痕喰(こんじき)」というカード名の由来は、モンスターの角の色である「金色(こんじき)」と掛けていると考えられる。
  • 「ブリガンド/brigand」は英語で「山賊」「盗賊」「略奪者」を意味する。
    また、(3)の効果も踏まえるとブリゲードとの押韻を意識した可能性も考えられる。

関連カード

イラスト関連

―《痕喰竜ブリガンド》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《痕喰竜ブリガンド》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星8 闇属性 獣族 攻2500 守2000

広告