魂縛門(こんばくもん)

フィールド魔法
自分フィールドにセットされた魔法・罠カードが効果で破壊されたターン、
自分フィールドにモンスターが存在しない場合にこのカードを発動できる。
(1):自分・相手のメインフェイズに、自分の墓地に「Z−ONE」が存在し、
自分のLPの数値より低い攻撃力を持つモンスター1体のみが召喚・反転召喚・特殊召喚された場合に発動する。
そのモンスターを破壊し、自分は800ダメージを受ける。
その後、相手に800ダメージを与える。

 ANIMATION CHRONICLE 2021で登場するフィールド魔法
 墓地《Z−ONE》が存在し、自分ライフポイントよりも低い攻撃力を持つモンスター1体が召喚反転召喚特殊召喚された場合にそのモンスター破壊し、自分ダメージを与えた後に相手ダメージを与える効果を持つ。

 自分ライフポイントよりも低い攻撃力モンスターを強制的に破壊し続ける制圧効果を持つ。
 初期値の半分である4000ですらほとんどのモンスター破壊でき、展開の起点となる下級モンスターはギリギリまで封じ込めてしまう。
 しかし、破壊のたびにバーンが発生し、ライフポイントが減ると破壊範囲も狭くなっていってしまう欠点を持つ。
 とはいえ、ライフ回復ができなくなるようなデメリットは無いため、回復と併用すればいくらでもフォローすることができる。
 相手除去モンスター効果に依存していた場合、場持ちもよくなり、ライフさえ持続する限り完封もできる。
 もっとも、召喚・特殊召喚に成功した場合の効果破壊された場合の効果は通してしまうため、それらの効果で対処される、あるいは展開されライフが削られると途端に劣勢になってしまう。
 また、2体以上同時に特殊召喚する、メインフェイズ以外のフェイズ特殊召喚する、といった方法で破壊を回避される。

 欠点は、お互いのあらゆるモンスターを無差別に破壊し続けるため、このカードが機能している限り、自分モンスターを展開できないこと。
 もっとも、裏側守備表示通常召喚するなら破壊されることはなく、破壊耐性を付与するカードを併用するといった方法で回避は可能である。
 他のバーンカードと併用することで先に相手ライフがなくなるようにする等、モンスターに依存しない構築が必要となるか。
 また、Sin《龍の鏡》からの《F・G・D》等、フィールドの下準備無しで自分ライフより攻撃力の高いモンスターを出す手段とは相性が良い。
 2体以上同時に特殊召喚する、メインフェイズ以外のフェイズ特殊召喚する、といった方法で破壊を回避できるのは自分も同じため、ペンデュラム召喚を軸にする、《リビングデッドの呼び声》スタンバイフェイズに使うという回避法もある。

 また、このカード自体、そして効果発動条件が厳しいのもネック。
 「自分フィールドモンスターが存在しない」「自分裏側表示魔法・罠カード破壊された」ターンにしかカードの発動ができず、効果の発動はさらに「墓地《Z−ONE》が存在する」という条件を満たす必要がある。
 これらの点は《ブラック・ローズ・ドラゴン》と相性が良く、全体除去効果で1度に発動条件を満たすことが可能。
 墓地《Z−ONE》についても《おろかな副葬》を併用すれば解決可能で、既に手札にある場合はこのカードの方を墓地へ送る事で、《Z−ONE》サルベージ効果で回収する動きが狙える。

 単純に使うとアドバンテージを失うため、破壊された時に発動する魔法・罠カード等、コンボを前提に考えるべきか。

関連カード

収録パック等


Tag: 《魂縛門》 魔法 フィールド魔法

広告