自由解放(じゆうかいほう)/Liberty at Last!》

通常罠
(1):自分のモンスターが戦闘で破壊され墓地へ送られた時、
フィールドの表側表示モンスター2体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターを持ち主のデッキに戻す。

 遊戯王5D's TAG FORCE5 付属カードで登場した通常罠
 自分モンスター戦闘破壊された時に、モンスター2体をデッキに戻す効果を持つ。

 2:2交換となるため、リクルーター自爆特攻等でディスアドバンテージを軽減したい。
 同じバトルフェイズ発動する罠カード《次元幽閉》と比較すると、再利用されにくい点や無効にされにくい点では勝る。
 しかし発動条件があり、直接攻撃を防げない点や自分モンスターも巻き込む可能性がある点では劣る。
 汎用性では劣るので、【ガスタ】等のモンスター戦闘破壊される事にメリットを見出すデッキで使いたい。

 欠点としては、必ず2体を対象にする必要があるので、フィールド上に2体の表側表示モンスターがないと発動できない。
 場合によっては自分モンスターバウンスする可能性がある点も留意したい。
 また、発動条件の関係でメインフェイズ伏せ除去には無力であり、墓地へ送られる必要があるため《マクロコスモス》等があると発動できなくなる。
 その性質上、モンスターを守る使い方には向かないため、ロックよりもビートダウン系のデッキでの採用が望ましい。
 畳み掛けることより、追い詰められたときの奇襲に長けた性質をよく理解したうえで、投入するか否かを決めていきたい。

 このカード固有の利点となるのは、専用サポートカード《革命の御旗》によりサーチサルベージが可能で、使い回しが利く事だろう。
 あちらもやや受動的なカードではあるものの、シンクロモンスターを主体とするデッキであれば、このカードを繰り返し発動できる点と相まって除去能力は飛躍的に高まる。
 この点でも上記【ガスタ】はこのカードとのシナジーの強いデッキの一つと言える。

  • 英語名にだけ「エクスクラメーションマーク(!)」が使用されているカード
    直訳すると「ついに自由だ!」と言うことになる。
  • イラストや、アニメでシェリーの使用する他のカードから考えると、近世フランスで起こった「フランス革命」か、中世フランスで起こった「百年戦争」におけるオルレアン解放をイメージしていると思われる。
    王宮シリーズと同じ舞台なのかは不明。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALではシェリーが使用。
    かんたんモードではデスティニースキャンに設定されている。
    ゲーム内ではメインフェイズ2がないため、使われると非常に厄介なカードであるが、自分モンスターを戻す事になることも多い。

関連カード

サポートカード

収録パック等

FAQ

Q:デッキに戻した後はシャッフルするのですか?
A:はい、シャッフルするという記述はありませんがシャッフルします。(10/09/16)

Q:《G・B・ハンター》が存在する時、《G・B・ハンター》と別のカードを選んでこのカードを発動できますか?
A:いいえ、発動自体できません。(10/09/16)


Tag: 《自由解放》 通常罠

広告