疾風(しっぷう)のドラグニティ》

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):相手フィールドにのみモンスターが存在する場合に発動できる。
デッキから「ドラグニティ」チューナーと鳥獣族の「ドラグニティ」モンスターを1体ずつ効果を無効にして特殊召喚する。
EXデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドに存在する場合、
さらに自分フィールドの「ドラグニティ」モンスターのみを素材としてドラゴン族Sモンスター1体をS召喚できる。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はドラゴン族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 ストラクチャーデッキR−ドラグニティ・ドライブ−で登場した速攻魔法
 鳥獣族チューナードラグニティを1体ずつリクルートし、相手フィールドエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが存在する場合、ドラゴン族シンクロモンスターシンクロ召喚できる効果を持つ。

 ドラグニティ2体を展開できるため、そのままドラグニティシンクロ召喚や、ドラゴン族リンク召喚に繋げることができる。
 また召喚権を使わないので、追加でモンスター召喚してより高レベルシンクロモンスターに繋げることもできる。
 初動となる《ドラグニティ−ドゥクス》《ドラグニティ−セナート》のために召喚権を使う事が多く、初動を潰されるとリカバリーが困難だった【ドラグニティ】にとっては待望の召喚権を使わない展開手段となる。

 リクルートしたドラグニティ2体で出せるシンクロモンスターは、レベル4〜8まで存在する。
 もっとも、レベル8を出すには事故要因になる上級モンスター鳥獣族ドラグニティが必要なので、レベル7までが現実的な範囲である。
 また、自分ターン発動であれば、《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ》を経由することでレベル8以上のシンクロモンスターに繋げる事もできる。

 相手フィールドエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが存在する場合は、特殊召喚したモンスターで即座にシンクロ召喚も可能。
 自分ターンにはさほどメリットのない効果だが、このカード速攻魔法なので相手ターンにも発動でき、その場合は有用性が高い。
 シンクロ召喚時に除去効果発動できる《ブラック・ローズ・ドラゴン》《月華竜 ブラック・ローズ》を出せば、疑似的なフリーチェーン除去として扱える。
 ただし、これらはレベル7なので、ドラグニティの主力であるレベル鳥獣族レベルチューナーの組み合わせではシンクロ召喚できない。
 レベルシンクロ召喚を狙うならレベルドラグニティチューナーを採用することになる。
 召喚時の蘇生効果シンクロ召喚を狙える《ドラグニティ−ギザーム》を搭載するのが良いだろう。

 発動条件の都合上、先攻ターン目や優勢状況で腐りやすい
 もっとも、相手ターン除去を受けて発動条件を満たすことも少なくないため、備えとしてセットしておくのも悪くない。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《疾風のドラグニティ》 魔法 速攻魔法 ドラグニティ

広告