守護天霊(しゅごてんれい)ロガエス/Protecting Spirit Loagaeth》

効果モンスター
星7/光属性/天使族/攻2400/守2100
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの天使族モンスターの効果が発動した場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):相手フィールドの表側表示のカード1枚と自分フィールドの攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手のカードを除外し、その自分のモンスターを守備表示にする。
(3):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、
フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは戦闘では破壊されない。

 DAWN OF MAJESTYで登場した光属性天使族最上級モンスター
 自分フィールド天使族効果の発動トリガー手札から特殊召喚する誘発効果相手フィールド表側表示カード除外し、自分フィールド攻撃表示モンスター表示形式を変更する起動効果、自身が破壊された場合にフィールドモンスター戦闘破壊耐性を付与する誘発効果を持つ。

 (1)は手札からの特殊召喚効果
 【天使族】においてトリガーを満たすのは容易く、【天使族】でなくともそのデッキキーカード天使族ならば満たしやすい。
 デッキの核となる《王の影 ロプトル》が存在する【ジェネレイド】《マンジュ・ゴッド》《宣告者の神巫》を採用する【儀式召喚】等が該当する。

 (2)は相手カード除外自分モンスター表示形式変更効果
 対象こそ取るものの、破壊耐性を突破できる除外除去は有用であり、自身を対象にもできるので単体でも機能する。
 各種素材に使う予定のモンスター対象にするなら、攻撃回数が減る事もなく無駄にならない。
 (1)のトリガーとなったモンスターは特に狙い目となるだろう。
 また、対象にするモンスターが前のターンまでに場に出ていれば、1ターンに1度表示形式変更の権利を使う事で問題なく攻撃に参加できる。
 状況によっては、攻撃後のメインフェイズ2に使う事で戦闘ダメージを回避する手段としても良いだろう。

 (3)はフィールドモンスターへの戦闘破壊耐性付与の効果
 自身が破壊された場合という受動的な条件に加え、1ターン限定且つ効果破壊には対応しないので、耐性としてはかなり穴が大きい。
 このカード除去戦闘破壊を受けた場合に、後続のモンスターとして扱えるようになる保険と捉えておけば良いだろう。
 もっとも、先に(あるいは同時に)そちらが破壊される事も少なくないので、あまり期待せずに発動できたら御の字程度に思っておくのが無難か。

 (3)はオマケとして見ても(1)(2)の汎用性は高く、【天使族】を始めとした様々なデッキで採用を検討出来るだろう。

  • モチーフは、未解読書とされる「ロガエスの書/Liber Loagaeth」と思われる。
    ジョン・ディー博士と、その助手を務めたエドワード・ケリーによって16世紀頃に作成された。
    天使との交霊実験で書きとめられた文書とされている。
    エノク語で書かれているが、内容は升目に文字や数字を配置した数十枚の表であり、文章としての意味はない。
    別名「エノクの書」とも称されるが、旧約聖書の偽典である同名の書とは全く異なる。

関連カード

―《守護天霊ロガエス》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《守護天霊ロガエス》 モンスター 効果モンスター 星7 光属性 天使族 攻2400 守2100

広告