宿神像(しゅくしんぞう)ケルドウ》

効果モンスター
星4/地属性/天使族/攻1200/守1600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から他の天使族・地属性モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、デッキから「現世と冥界の逆転」またはそのカード名が記されたカード1枚を手札に加える。
(2):自分・相手ターンに、フィールド・墓地のこのカードを除外し、
自分・相手の墓地のカードを合計5枚まで対象として発動できる。
そのカードをデッキに戻す。
自分のフィールド及び墓地に「現世と冥界の逆転」が存在しない場合、この効果の対象は3枚までとなる。

 デュエリストパック−輝石のデュエリスト編−で登場した地属性天使族下級モンスター
 地属性天使族手札コスト手札から特殊召喚し、その後《現世と冥界の逆転》またはそのカード名が記されたカードサーチできる起動効果、自身を除外する事でお互い墓地カードを合計5枚まで(《現世と冥界の逆転》フィールド墓地に無ければ3枚まで)デッキ戻す誘発即時効果を持つ。

 (1)は自己特殊召喚及び《現世と冥界の逆転》かそのサポートカードサーチする効果
 コスト地属性天使族捨てる必要があるため、それらを中心にしたデッキで採用することになる。
 特殊召喚後に(2)にも関わる《現世と冥界の逆転》かそのサポートカードサーチを行う。
 なおこのサーチは任意ではないため、それらがデッキの残っていない状況では発動自体できないため注意。

 (2)はフィールド墓地の自身を除外し、お互い墓地からカードデッキ戻す効果
 フリーチェーンであるため、《D.D.クロウ》のように相手墓地利用を阻害できる。
 戻す枚数も《現世と冥界の逆転》が存在せずとも3枚とそこそこ多く、「3枚まで」であるため1枚だけといった柔軟な動きも可能であり、デッキ戻すであるため再利用を許しにくい。
 フィールド墓地《現世と冥界の逆転》が存在すれば戻す枚数は更に増え、墓地リソースを大きく削れる。
 自分カード戻せるため、相手墓地利用の阻害と並行して、サーチリクルート先を戻すこともできる。

 なお《現世と冥界の逆転》通常罠であるため、フィールドに存在している場合というのはあちらの発動にこの効果チェーンした場合に限られる。
 その場合、あちらの効果デッキ戻す枚数を減らすことができるが、発動時に最低15枚あるため、このカードや同じ効果を持つ《剣神官ムドラ》だけでは相手デッキを0枚にすることはできない。

関連カード

―類似効果

収録パック等


Tag: 《宿神像ケルドウ》 モンスター 効果モンスター 星4 地属性 天使族 攻1200 守1600

広告