真炎(しんえん)爆発(ばくはつ)/Rekindling》

通常魔法
(1):自分の墓地から守備力200の炎属性モンスターを可能な限り特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターンのエンドフェイズに除外される。

 ANCIENT PROPHECYで登場した通常魔法
 守備力200の炎属性を可能な限り蘇生する効果を持つ。

 墓地さえ肥えていればコスト発動条件もなく、通常魔法なので即座にモンスターを大量展開できる。
 エンドフェイズ除外されるデメリットも、そのターン中に決着を付けるか、リリースや各種素材にしてしまえば無視できる。
 《ネメシス・フラッグ》《焔聖騎士−リナルド》等を蘇生させればさらにボード・アドバンテージを稼げる。

 このカードが2枚ある状態ならば、1枚目に《ブラック・ローズ・ドラゴン》リセット、2枚目以降で大量展開からの1ターンキルも難しくない。
 また、《TG ハイパー・ライブラリアン》を含む複数回のシンクロ召喚を経由することで、ボード・アドバンテージを得ながらドロー加速も行える。
 そこから2枚目3枚目のこのカードドローできれば、さらなる展開が期待できるだろう。
 その他、特化しなければ難しい《シューティング・クェーサー・ドラゴン》《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》等のシンクロ召喚も狙える。

 十分な爆発力を得るには最低でも3体は蘇生したいので、いかに素早く墓地を肥やすかが鍵となる。
 特に、【ラヴァル】《炎熱伝導場》で容易に条件をクリアできる。
 【陽炎獣】においても《陽炎獣 ペリュトン》コスト効果により、短いターン墓地を肥やしやすい。
 【フレムベル】においては専用の墓地肥やしの手段が《ネオフレムベル・レディ》のみと非常に乏しいため、《讃美火》ライトロード《クリバンデット》《ラヴァルバル・サラマンダー》等(《フレムベル・グルニカ》をメインにしているのであれば《竜の渓谷》も)に頼りたいところ。
 ただし《讃美火》ライトロードはこのカードが落ちる危険性もあるため注意したい。
 あるいは《オリファンの角笛》を用いて複数の《エレメントセイバー・マロー》《昇華騎士−エクスパラディン》リクルートしつつデッキ圧縮も狙う手もある。

 いっそ特化してデッキ魔法・罠カードをこのカードのみにして、《魔導雑貨商人》に頼るのも手である。
 【陽炎獣】《陽炎獣 スピンクス》カードの種類を当てやすくする点でも相性が良い。
 【ジュラック】では除外されるデメリット《ディノインフィニティ》強化値としても使える。

 《火霊術−「紅」》コストとしても最適でダメージの増加とデメリット回避を同時に狙うことができる。
 発動タイミングの関係で各種素材に使うのが難しい《ファイヤークラッカー》《焔聖騎士帝−シャルル》に使うと理想的。
 【霊使い】では《憑依覚醒−大稲荷火》《稲荷火》等の存在から狙いやすい。

  • 英語名は「再点火する」「再燃する」を意味する動詞"rekindle"の名詞形。
    日本語名より蘇生カードであることが分かりやすくなっている。

関連カード

イラスト関連

特殊召喚可能なモンスター《フレムベルカウンター》を参照

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:対象をとりますか
A:いいえ、対象をとりません。(12/02/19)

Q:特殊召喚されたモンスターフィールド離れた場合、除外されますか?また、裏側守備表示にされた場合除外されますか?
A:いいえ、除外されません。(09/06/14)

Q:《王宮の鉄壁》フィールド上に存在する場合、このカード発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/03/24)

Q:自分モンスターゾーンモンスターが存在せず、墓地には《フレムベル・デスガンナー》を含めて5体の守備力200の炎属性モンスターが存在しています。
  この状況で、このカード発動できますか?
A:その場合このカード発動し、《フレムベル・デスガンナー》以外の特殊召喚可能なモンスターを可能な限り特殊召喚します。(13/04/18)

Q:このカード特殊召喚したモンスター《禁じられた聖槍》発動した場合、《禁じられた聖槍》効果を受けているモンスターエンドフェイズ時に除外されますか?
A:《禁じられた聖槍》効果適用された場合でも、除外します。(14/04/02)

Q:自分モンスターゾーンに2つ空きがある状況で、相手フィールド《青眼の精霊龍》が存在し、自分墓地特殊召喚可能な守備力200の炎属性モンスターが2体以上存在する場合、自分はこのカード発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(16/05/29)


Tag: 《真炎の爆発》 魔法 通常魔法

広告