神炎竜(しんえんりゅう)ルベリオン/Lubellion the Searing Dragon》

融合・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2500/守3000
闇属性モンスター+「アルバスの落胤」
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが融合召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
自分のフィールド・墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
「神炎竜ルベリオン」を除くレベル8以下の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを持ち主のデッキに戻し、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
このターン、このカードは攻撃できず、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 ストラクチャーデッキ−ALBA STRIKE−で登場した光属性ドラゴン族融合モンスター
 融合召喚に成功した場合に手札コストを払う事で、フィールド墓地除外ゾーンから融合素材デッキ戻し同名カード以外のレベル8以下の融合モンスター融合召喚する誘発効果を持つ。

 《アルバスの落胤》を融合素材として指定する融合モンスターの1体であり、もう一方の融合素材闇属性モンスター
 比較的採用率が高い属性とはいえ《アルバスの落胤》相手フィールドモンスターを巻き込めるかは相手デッキに依存してしまうだろう。
 とはいえ【アルバスの落胤】闇属性比率も高いデッキであるため、《烙印竜アルビオン》《白の烙印》などで自分カード融合召喚する場合には融合素材に困ることはないだろう。
 また《白の烙印》による墓地融合《鉄獣鳥 メルクーリエ》融合素材として除外できる現状唯一のカードであり、あちらの除外時の効果トリガーとしても貴重な手段となる。
 なお、《アルバスの落胤》効果融合召喚する場合、ほぼ同じ融合素材で出せる《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》もおり、状況に応じて使い分けられる運用が求められる。

 《烙印竜アルビオン》に近い効果だがこちらは手札融合に対応せず、除外融合に対応している。
 そのため《白の烙印》などで融合素材にしたモンスター融合素材として利用できる。
 なお手札コストが必要であるため、擬似的に手札モンスターも1枚まで融合素材にできるが、手札コストなしで融合召喚できる組み合わせがフィールド墓地除外に存在しなければ発動自体ができない点には注意。
 融合素材にしたモンスターデッキ戻るため、リクルート手段の豊富な《アルバスの落胤》の枯渇などを防ぐことができる。
 その《烙印竜アルビオン》とは非常に相性がよく、あちらの効果でこのカード融合召喚できれば、あちらの効果融合素材にしたモンスターを利用して更に融合召喚ということが可能になる。

 残存効果としてこのカード攻撃制限がつき、融合モンスター以外エクストラデッキから特殊召喚できなくなる。
 これによりレベル8を複数体並べるのも容易だが、それらを用いてランクエクシーズ召喚ということはできない。
 このカード自体はこのターン攻撃できない高ステータスバニラになってしまうため、融合素材にしてしまうのもよいだろう。

 《白の聖女エクレシア》等で相手ターン《アルバスの落胤》特殊召喚し、融合召喚すればデメリットは無視できる。
 その際、(1)で《氷剣竜ミラジェイド》を出しておけば除去に加え牽制にもなる。
 《痕喰竜ブリガンド》《灰燼竜バスタード》で守りを固め、返しのターンエクシーズ召喚から攻勢に出るのも手だろう。

 このカードに限った話ではないが、除外されている融合素材代用モンスター融合素材とする場合はその効果適用できないことには注意しておきたい。

関連カード

―《神炎竜ルベリオン》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《神炎竜ルベリオン》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星8 光属性 ドラゴン族 攻2500 守3000

広告