聖魔の乙女(マギストス・メイデン)アルテミス》

リンク・効果モンスター
リンク1/光属性/魔法使い族/攻 800
【リンクマーカー:上】
レベル4以下の魔法使い族モンスター1体
自分は「聖魔の乙女アルテミス」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、
その(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
他の「マギストス」モンスターが召喚・特殊召喚された場合、
そのモンスター1体を対象として発動できる。
自分フィールドのこのカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
(2):このカードが装備されている場合に発動できる。
デッキから「マギストス」モンスター1体を手札に加える。

 デッキビルドパック ジェネシス・インパクターズで登場した光属性魔法使い族リンクモンスター
 同名カードを含めて1ターンに1度しか特殊召喚できない召喚制限、このカードフィールドに存在する状態で召喚特殊召喚されたマギストスに自身を装備する誘発効果、自身が装備されている場合にマギストスモンスターサーチする効果を持つ。

 (1)は召喚特殊召喚された他のマギストスに自身を装備する効果
 (2)は装備状態で発動可能なマギストスモンスターサーチ効果
 【マギストス】では、下級マギストスを素材にリンク召喚→(1)で装備カード化→(2)でサーチを行うのが基本的な流れとなる。
 《結晶の大賢者サンドリヨン》《ヴリトラ・マギストス》サーチしてこのカードに変換し、墓地へ送られた《結晶の大賢者サンドリヨン》《ヴリトラ・マギストス》蘇生すれば即座にこのコンボに繋がる。
 (1)以外にもマギストスにはエクストラデッキ墓地のこのカード装備カードにする手段が複数あるため、(2)の発動は狙いやすい。

 【マギストス】以外でも効果を無視してそのリンク素材を活かした採用が大いに検討できる。
 中でもサーチ効果を即座に利用できる《黒き森のウィッチ》とは抜群の相性であり、キーカードがあちらのサーチ範囲内ならばこの為だけの採用も考慮できる。
 手札誘発サーチして返しのターンの防御に備える、効果の発動を伴わない召喚ルール効果を持つものをサーチして更なる展開に繋げるなど、多彩な利用法が考えられる。
 例えば【霊使い】ではレベル使い魔サーチすればこのカードの存在がそのまま特殊召喚の条件となり、その属性憑依覚醒に派生できる。
 専用デッキ以外でこのカード本体の効果を使うのは難しいが、【魔法使い族】系のデッキならフィールドに残ってしまったこのカード《ワンダー・ワンド》《ルドラの魔導書》に利用することもできるだろう。

 他にも《Emダメージ・ジャグラー》《Emトリック・クラウン》《墓守の召喚師》などを能動的に墓地へ送る手段として有用。

 【ドラグマ】では下級ドラグマ1体でリンク召喚でき、能動的にエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターを用意する場合の選択肢としても有力なものになる。
 【召喚獣】では《召喚師アレイスター》をこのカードに変換する事で召喚獣の中でも特に汎用性が高い《召喚獣メルカバー》融合召喚の準備が整う。
 《転生炎獣アルミラージ》を経由した場合に比べて特殊召喚された状態のものでもリンク素材にでき、特殊召喚回数を減らすことで《増殖するG》などの被害を抑えられるのが利点。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《聖魔の乙女アルテミス》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク1 光属性 魔法使い族 攻800 マギストス

広告