戦華(せんか)(はん)呂奉(りょほう)

特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/獣戦士族/攻2800/守2200
このカードは通常召喚できない。
「戦華の叛−呂奉」は1ターンに1度、フィールドの「戦華」モンスターの内、
攻撃力が一番高いモンスターが自分フィールドに存在する場合のみ特殊召喚できる。
(1):お互いのメインフェイズに1度、発動できる。
相手フィールドの攻撃力が一番高いモンスター1体を破壊する。
この効果を発動するターン、自分は「戦華」モンスター以外のモンスター効果を発動できない。
(2):エンドフェイズに、フィールドの攻撃力が一番高いモンスターが相手フィールドに存在する場合に発動する。
このコントロールを相手に移す。

 BLAZING VORTEXで登場した闇属性獣戦士族特殊召喚モンスター
 戦華の中で最も高い攻撃力モンスター自分フィールドに存在する場合に特殊召喚できる召喚条件お互いメインフェイズ相手フィールドの最も攻撃力が高いモンスター破壊する誘発即時効果エンドフェイズコントロール転移する誘発効果を持つ。

 特殊召喚条件は戦華モンスターの中で一番攻撃力が高いモンスター自分フィールドに存在すればよい。
 ミラーマッチや(2)の効果同名カード相手フィールドに存在する場合を除いて戦華モンスター1体いれば問題ない。
 戦華でも特に緩い特殊召喚条件であり、アタッカー除去要員・素材と幅広く運用できる。
 属性も現状戦華で唯一の闇属性であり、《戦華史略−十万之矢》《戦華史略−孫劉同盟》などの複数属性が存在するという条件も満たしやすい。

 (1)は相手フィールドの最も攻撃力の高いモンスター破壊する効果
 最高攻撃力のものに限定されるがフリーチェーン対象をとらない破壊を行える。
 また戦華モンスター効果発動しつつ相手モンスター破壊するため、「魏」陣営(炎属性)と「呉」陣営(水属性)の戦華モンスター効果も誘発できる。
 ただし攻撃力が高いモンスター破壊耐性を持つことも多く、相手の盤面次第では破壊自体が行えないことも珍しくない点は注意。
 相手ターンであれば大型モンスターが展開される前の素材モンスター破壊するために発動するのもよいだろう。

 戦華以外のモンスター効果発動できなくなるのは誓約効果であり、他のモンスター効果発動してしまえばその時点でこの効果の発動はできなくなってしまう。
 手札誘発モンスター汎用モンスターと併用するなら、そちらを発動するためにこの効果を諦める事も重要。
 なおこの誓約効果は(2)の効果により相手に奪われても、そうそうこの効果を使われないという点ではメリットにもなる。

 (2)はエンドフェイズに最も攻撃力の高いモンスター相手フィールドに存在するならコントロール相手に移る効果
 相手フィールドに高攻撃力モンスターが存在するだけで強制的に相手フィールドコントロール転移してしまう。
 戦華は極端に攻撃力が高いモンスターを有するわけではないため、相手ターンエンドフェイズにこの効果発動させないのは難しい。
 一応上述の通り(1)の効果誓約効果【戦華】以外には非常に重くそうそう使われるものでもないため、相手エンドフェイズに奪われる分にはそれほど問題にならない事も多い。
 しかしアドバンテージ上は2枚分の損失になるため、これによるコントロール転移を嫌うなら早々に素材などにしてしまうのもよいだろう。
 発動する効果なので、《戦華の仲−孫謀》バウンスしてしまうという手もある。

  • モデルは、三国志に登場する武将「呂布」だろう。
    字は「奉先」であり、このモンスターの名前はそれを複合させている。
    配下の陳宮が「戦って前に敵はいない」と評したほどの武勇に優れる将軍であったが、度重なる裏切りでも悪名高い。
    当初仕えていた丁原を殺して董卓に仕え、董卓と不仲になると董卓を殺害、その後も所属勢力を転々とした。
    最終的には当時徐州を治めていた劉備を頼ったが、ここでも裏切って国を乗っ取り、ついには劉備の要請を受けた曹操との戦いで敗北し捕縛された。
    「自分の武があれば天下を取れる」と曹操に助命を請うも、裏切りによる実害を受けた劉備はそれを許すはずもなく、曹操もまた呂布が裏切る可能性を危険視したために処刑された。
    後年、『三国志』を歴史書として纏め上げた蜀(後の西晋)の文官・陳寿は「彼のような人物が歴史の中で成功した試しはない」という評価を出している。
  • 『三国志演義』では武勇に優れるが欲望に弱い男として描かれている。
    この作品では天下無双の武を持つ存在として強調されており、単騎で数万の兵を蹂躙し、後年のメディア作品における強者としてのイメージが確立された。
    猛将である張飛と互角に打ち合った挙げ句、関羽劉備が加勢してもなお持ちこたえるほどの強さを有しており、「三英戦呂布」という絵画にも描かれた虎牢関の戦いでの活躍は特に有名。
  • イラストでは、槍を担いだ《戦華の叛−呂奉》が赤い馬に乗っている。
    担いでいる槍は小説『三国志演義』で呂布が使用していた「方天画戟」、乗っている馬は呂布の愛馬である赤兎馬がモデルだろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《戦華の叛−呂奉》 モンスター 特殊召喚モンスター 効果モンスター 星8 闇属性 獣戦士族 攻2800 守2200 戦華 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告