(おも)(つど)いし(りゅう)

チューナー・効果モンスター
星1/光属性/ドラゴン族/攻   0/守   0
自分は「想い集いし竜」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、
このカードをS素材とする場合、「セイヴァー」モンスターのS召喚にしか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「救世竜 セイヴァー・ドラゴン」として扱う。
(2):このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
自分フィールドにレベル8以上のドラゴン族Sモンスターが存在する場合、
さらにデッキからドラゴン族・レベル1モンスター1体を特殊召喚できる。

 DAWN OF MAJESTYで登場する光属性ドラゴン族下級モンスターチューナー
 同名カードを含めた1ターン特殊召喚回数制限とシンクロ召喚先を制限する効果外テキストフィールド墓地《救世竜 セイヴァー・ドラゴン》として扱う効果ドロー時に公開する事で特殊召喚し、特定のシンクロモンスターが存在すればさらにレベルドラゴン族リクルートできる効果を持つ。

 その種族属性・低ステータスチューナーの特性によりサポートカードは豊富。
 主な展開手段については《救世竜 セイヴァー・ドラゴン》を参照して貰いたい。

 (1)は《救世竜 セイヴァー・ドラゴン》として扱う効果
 これによりシンクロ素材《救世竜 セイヴァー・ドラゴン》を指定するセイヴァーモンスターシンクロ素材に利用できる。
 こちらの方が特殊召喚効果を持つ分だけ使い勝手が良いが、効果無効化には要注意。
 カード名が変更できなくなるため素材指定を満たせず、効果外テキスト無効化されないため他のシンクロ素材に使う事もできなくなる。

 (2)は自身をドローした時の特殊召喚効果
 特殊召喚の条件自体は難しくないが、効果外テキストによりシンクロ素材にする場合には用途が限定的になる。
 シンクロ素材以外なら特に制限もないため、場合によってはリンク素材や各種コストなどにしてしまうのもよい。
 ただし、時の任意効果であり、チェーン2以降のドロー《成金ゴブリン》のように他の処理が入ってしまうカードではタイミングを逃す点は注意。

 フィールドレベル8以上のドラゴン族シンクロモンスターがいれば、任意でレベルドラゴン族を追加リクルートできる。
 しかし、この条件を満たすタイミングで自然とドローするのは難しいため、狙うのならば《光来する奇跡》等のデッキトップ操作と組み合わせたい。
 《スターダスト・ドラゴン》シンクロ召喚トリガーとすれば、《セイヴァー・スター・ドラゴン》シンクロ素材が揃う。
 レベルドラゴン族シンクロ召喚トリガーにすれば、《シューティング・セイヴァー・スター・ドラゴン》シンクロ召喚につながる。

 特殊召喚先として特に有力なのはサーチを行える《妖醒龍ラルバウール》であり、その後《光来する奇跡》効果特殊召喚するチューナーの補充も可能。
 《黒鋼竜》も相性がよく、シンクロ素材リンク素材にすればレッドアイズサーチしてさらなる展開を狙える。

関連カード

収録パック等


Tag: 《想い集いし竜》 モンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星1 光属性 ドラゴン族 攻0 守0

広告