鉄獣の血盟(トライブリゲード・オース)

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドのリンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとは種族が異なる獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を自分の手札・墓地から選んで特殊召喚する。
(2):自分フィールドに獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターがそれぞれ1体以上存在する場合、
墓地のこのカードを除外し、相手フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。

 PHANTOM RAGEで登場した通常罠
 対象モンスターとは種族の異なる獣族獣戦士族鳥獣族手札墓地より特殊召喚する効果、自身を墓地から除外して相手フィールド魔法・罠カード効果ターン終了時まで無効化する効果を持つ。

 (1)は獣族獣戦士族鳥獣族手札墓地からの特殊召喚効果
 特殊召喚できる範囲は広いが、対象先と特殊召喚先は種族が異なる必要があるため、該当種族の混合構築が求められる。
 また、対象にできるのはリンクモンスターのみなので、エクストラデッキの構築も考慮したい。
 自分ターン発動できれば対象にしたモンスター特殊召喚したモンスターとで更なる高リンクに繋げられる。

 (2)は相手フィールド魔法・罠カード効果無効化。
 獣族獣戦士族鳥獣族が各1体以上自分フィールドに必要だが、(1)も含めて発動条件を満たすのは難しくないだろう。
 1ターンのみなので永続カード無効化する場合は一時しのぎにしかならないが、それでも相手に与える影響は大きい。
 通常魔法通常罠などの使い捨てのカードチェーン発動すれば実質アドバンテージを稼げる。

 2つの効果は同一ターンで併用できない点は注意。
 (2)による妨害・制圧目当てならば、手札デッキから直接墓地へ送ってしまっても良いだろう。

  • 血盟(けつめい)」は「固く誓う事」を、「オース(oath)」は英語で「誓い」をそれぞれ意味する。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《鉄獣の血盟》 通常罠 トライブリゲード

広告