鉄獣式強襲機動兵装改(トライブリゲード・アームズ)Bucephalus(ブーケファルス)II(ツー)”》

リンク・効果モンスター
リンク5/闇属性/鳥獣族/攻3500
【リンクマーカー:左/右/左下/下/右下】
獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター3体以上
自分の墓地の「トライブリゲード」魔法・罠カードが2枚以下の場合、このカードはEXデッキから特殊召喚できない。
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分がモンスターの特殊召喚に成功した時には、相手は効果を発動できない。
(2):モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
このカード及び相手フィールドのカードを全て除外する。
(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
EXデッキから獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を墓地へ送る。

 PHOTON HYPERNOVAで登場した闇属性鳥獣族リンクモンスター
 自分墓地トライブリゲード魔法・罠カードが2枚以下の場合にエクストラデッキから特殊召喚できない召喚制限自分モンスター特殊召喚時に相手効果の発動を封じる永続効果攻撃宣言時に自身と相手フィールドのカードを全て除外する誘発効果墓地へ送られた場合にエクストラデッキから獣族獣戦士族鳥獣族1体を墓地へ送る誘発効果を持つ。

 リンクモンスターを絡めずにリンク召喚を行う場合、5体もの消費となるので相当に重い
 リンク2〜3を絡めたり、《鉄獣の抗戦》効果を用いるなど、消費を抑えて展開する工夫が欲しい。
 トライブリゲードの共通効果でも出せるが、墓地リソースは5体とかなり消耗する。
 どの様な手段で出すにせよ、墓地トライブリゲード魔法・罠カードが3枚以上必要なので、事前の構築やプレイングは意識せねばならない。
 特に、共通効果で出す場合はモンスター魔法・罠カードで最低8枚のカードは必要なので、入念な墓地肥やしは必須と言えよう。
 《鉄獣の凶襲》《鉄獣の血盟》リンク素材となるモンスターを展開しつつ、発動後に墓地へ送られて召喚条件にも貢献するため相性が良い。

 (1)は相手効果の発動を封じる効果
 特殊召喚時の誘発効果チェーンされる事がなくなるので、安全に効果を通すことができる。
 召喚反応型の罠カード除去されず、フリーチェーン除去に対してもその前に起動効果発動する機会を得られる。

 (2)は攻撃宣言時における自身と相手フィールドのカード全体除外
 どちらのプレイヤー攻撃宣言でも良いので、能動的な除去として使用できる他、相手攻撃を牽制する役割も担える。
 ただし、リンク5のこのカードを失うからには、相手フィールドのカードをそれなりに除去できる場面で発動したい。

 (3)はエクストラデッキからの獣族獣戦士族鳥獣族墓地送り
 手段やどこから墓地へ送るかは問われないので、エクストラデッキから墓地へ送ればこのカードと合わせて2枚の墓地肥やしとなる。
 墓地へ送るモンスター墓地効果を持つものが望ましいが、【トライブリゲード】ならば単純に共通効果墓地コストにも活用できる。
 トライブリゲード以外では該当種族墓地効果を持つものは《月光舞剣虎姫》のみであり、(3)を目当てに出張させた場合でも基本的に他のトライブリゲードとの併用が求められる。
 エクストラデッキを多用しないタイプのデッキならば、《ドラグマ・パニッシュメント》と組み合わせるのもよいだろう。
 攻撃力3500以下を除去しつつ、他のトライブリゲードリンクモンスター墓地効果を狙える。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《鉄獣式強襲機動兵装改“BucephalusII”》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク5 闇属性 鳥獣族 攻3500 トライブリゲード

広告