鉄獣戦線(トライブリゲード) ナーベル/Tri-Brigade Nervall》

効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻   0/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地から獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。
除外した数と同じ数のリンクマーカーを持つ獣族・獣戦士族・鳥獣族リンクモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。
このターン、自分は獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターしかリンク素材にできない。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「鉄獣戦線 ナーベル」以外の「トライブリゲード」モンスター1体を手札に加える。

 PHANTOM RAGEで登場した風属性鳥獣族下級モンスター
 墓地獣族獣戦士族鳥獣族を任意の数除外し、除外した数と同じ数のリンクマーカーを持つ獣族獣戦士族鳥獣族リンクモンスター特殊召喚する起動効果、自身が墓地へ送られた場合にトライブリゲードモンスターサーチする誘発効果を持つ。

 (1)はメインデッキトライブリゲードモンスターが持つ共通効果
 墓地リソースのみでリンクモンスター特殊召喚でき、コストとして除外するモンスターリンク素材ではないため、リンクモンスターの持つリンク素材縛りも受けない。
 ただし、高リンクを出すほど墓地リソースの消耗も大きいため、安定して発動するなら積極的に墓地を肥やす必要がある。

 なお、リンク召喚扱いではないため蘇生制限は満たせず、リンク召喚に成功した場合の効果等、一部の効果は使用できない(こちらも参照)。
 トライブリゲードリンクモンスター《炎星仙−ワシンジン》《王神鳥シムルグ》などは、効果も全て使えるため相性が良い。
 その他、別のリンクモンスターへのリンク素材の調達に使うこともできる。
 例えば《戦華盟将−双龍》をこの効果特殊召喚し、それをリンク素材同名カードリンク召喚するという手順ならリンク召喚を条件とする効果に繋げられる。
 リンク素材にできるのは獣族獣戦士族鳥獣族に限定されるデメリットは発生するが、リンク召喚するモンスターに制限はないため、展開後にドラゴン族ヴァレルなどを出すことはでき、融合召喚などにも制限は発生しない。

 (2)はトライブリゲードモンスターサーチ効果
 タイミングを逃さずどこから墓地へ送られてもよいため、発動は容易である。
 各種素材としてだけでなく、トライブリゲードモンスター効果にはこのカード墓地へ送れ効果も多いため、それらを活用して発動したい。
 《烏合無象》鳥獣族リンクモンスターに変え、サーチしたトライブリゲードリンク素材に使ってもいいだろう。

 レベル1の鳥獣族のため、LL効果に対応している。
 《LL−リサイト・スターリング》エクシーズ召喚しやすいため、併用するのも手。

  • 鳥の獣人と思われるが、鳥が嘴を持つことにちなんでかガスマスクというよりもペスト医師が被るような先の尖ったマスクをしている。
    カード名の「ナーベル」は、「くちばし」を意味するドイツ語「シュナーベル(Schnabel)」からか。

関連カード

―《鉄獣戦線 ナーベル》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《鉄獣戦線 ナーベル》 モンスター 効果モンスター 星1 風属性 鳥獣族 攻0 守2000 トライブリゲード

広告