転晶(てんしょう)のコーディネラル/Geonator Transverser》

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/岩石族/攻1200
【リンクマーカー:右上/左下】
効果モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):リンク状態のこのカード及びこのカードのリンク先のモンスターは相手の効果では破壊されない。
(2):このカードのリンク先にモンスターが2体存在する場合に発動できる。
そのモンスター2体のコントロールを入れ替える。

 PHANTOM RAGEで登場した地属性岩石族リンクモンスター
 リンク状態の自身とリンク先モンスター効果破壊耐性を付与する永続効果、自身のリンク先モンスターコントロール交換する起動効果を持つ。

 (1)はリンク先モンスター及びリンク状態のこのモンスター相手効果破壊されなくなる効果
 効果破壊耐性を得るものの、このステータスでは戦闘破壊は容易であり、この耐性のみでは場持ちがよくなるかは微妙な所。
 《双穹の騎士アストラム》リンク先におければ、あちらの効果戦闘を回避しつつ、あちらに耐性を付与してさらに強固なモンスターにすることができる。
 なおリンク先相手モンスターにも耐性を付与するが、このカードコントローラーからみて相手効果破壊されないため、自分効果でなら破壊できる。

 (2)はリンク先モンスター2体のコントロールを入れ替える効果
 エクストラデッキから用意できる送りつけ要員であり、送りつけを戦術とするデッキには貴重な存在。
 ただしこのカードリンク先モンスター同士のコントロールを移すことになるため、カードの位置を調整する必要がある。
 相手依存では不安定なため、壊獣などを使って、うまくこのカードリンク先となる位置にモンスターを用意したい。
 《宵星の騎士ギルス》なら相手フィールドモンスターとこのカードリンク素材を同時に用意できるため相性が良い(トークン《リンクリボー》等に変換する)。

  • カード名の由来は「コーディネーター」+「ミネラル(鉱物)」だろうか。
    鉱石は化学組成や結晶構造によって様々な姿を持ち、それらの一方が変わるだけでも全くの別物に変わる。
    おそらく「転晶」は別の鉱石に変わる様を指した造語と思われる。
    またコントロール交換効果から「転送」も兼ねているのだろう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:効果チェーンして発動された《強制脱出装置》で《転晶のコーディネラル》がフィールドを離れた場合、2体のコントロールは入れ替えますか?
A:はい、入れ替えます。(22/01/22)

Q:効果チェーンして発動された《強制脱出装置》で2体のうち1体がフィールドを離れた場合、残り1体のコントロールは移しますか?
A:いいえ、移しません。(22/01/22)


Tag: 《転晶のコーディネラル》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 地属性 岩石族 攻1200

広告