白薔薇の回廊(ホワイト・ローズ・クロイスター)

フィールド魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
手札から「ローズ・ドラゴン」モンスターまたは植物族モンスター1体を特殊召喚する。
(2):自分ドローフェイズのドロー前に、
カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。
自分のデッキの一番上のカードをお互いに確認し、
宣言した種類のカードだった場合、このターン中、以下の効果を適用する。
●自分フィールドのレベル7以上のSモンスターの攻撃力は1000アップする。

 PREMIUM PACK 2020で登場したフィールド魔法
 手札からローズ・ドラゴンまたは植物族特殊召喚する効果ドローフェイズ宣言したカードの種類を当てた場合にレベル7以上のシンクロモンスター全体強化する効果を持つ。

 (1)は自分フィールドモンスターが存在しない場合に手札からローズ・ドラゴンまたは植物族特殊召喚する効果
 条件こそあるが、レベルに関係なくモンスターを展開できる。
 《ギガプラント》《サボウ・クローザー》に対する補助ともなり、《ローズ・プリンセス》からサーチできる点も含めて【植物族】では扱いやすいカードである。

 (2)はカードの種類を当てた時にレベル7以上のシンクロモンスター強化する効果
 複数のシンクロモンスター適用されるため、シンクロモンスターを複数出しておけば総攻撃力は大きく上がる。
 汎用チューナー《ゾンビキャリア》ならデッキトップを操作できる上、高レベルシンクロモンスターにつなぎやすくなるため【植物族】に入れてもよい。

 (1)の効果だけでも植物族《神の居城−ヴァルハラ》として運用できるため、シンクロモンスターを採用しないデッキでも採用候補となる。
 あちらと異なり、効果処理時モンスターフィールドに存在する場合にも特殊召喚は可能であるため、より柔軟な運用が可能。
 フィールド魔法であるため《ローズ・プリンセス》以外のサーチ手段も豊富であり、専用のフィールド魔法を擁するカテゴリデッキでは競合を考慮する必要はあるものの、サーチ手段を共有できる。
 《盆回し》で必要に応じて使い分けるのもいいだろう。

  • 「クロイスター/cloister」は「修道院・教会・大学等に建造された中庭を囲む回廊」を意味する。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《白薔薇の回廊》 魔法 フィールド魔法

広告