八雷天神(ヤクサイカヅチノカミ)

効果モンスター
星8/光属性/幻竜族/攻2000/守2000
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは自分の墓地のレベルまたはランクが8のモンスター1体を除外し、手札から特殊召喚できる。
(2):自分の墓地のレベルまたはランクが8の儀式・融合・S・Xモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに戻す。
その後、戻したモンスターの種類によって以下の効果を適用する。
●儀式・融合:自分はデッキから1枚ドローする。
●S・X:このカードの攻撃力は1000アップする。

 Vジャンプ(2022年2月号) 付属カードで登場した光属性幻竜族最上級モンスター
 レベルまたはランク8のモンスター墓地コスト手札から特殊召喚できる召喚ルール効果レベルまたはランク8の儀式融合シンクロエクシーズ墓地からデッキ戻しドロー自己強化適用する起動効果を持つ。

 その効果から【ランク8】を始めとするレベル8を中心としたデッキでの採用となる。
 メインデッキレベル8を採用せず、融合シンクロだけで用立てする事もできなくはないが、安定性を求めるのならばメインデッキにも採用しておきたい。
 属性面では【ギャラクシー】【青眼の白龍】等とシナジーする。

 レベル8にしては低いステータスなので、(2)などで強化しない限りは各種素材やリリースに用いる事になるか。
 どの様な使い方をするにせよ、墓地に必要なカードが無ければ機能しないため、初手に来ると腐るリスクがある点は意識して採用枚数を決めたい。

 (1)は手札からの特殊召喚効果
 同名カードの制限が無いため、墓地さえ潤沢ならば同名カードを一気に展開した上でランク8のエクシーズ召喚が可能。
 儀式融合シンクロエクシーズは(2)の為にも残しておきたいため、できる限りその他のモンスターコストにしたい。

 (2)はデッキ戻しモンスターの種類によって適用する効果が変化する。
 儀式融合の場合はドローであり、カード・アドバンテージを得られる。
 シンクロエクシーズの場合は自己強化であり、永続強化なので1度でも適用できれば十分なアタッカーとなる。
 構築にもよるが、融合シンクロを中心とする場合はデッキレベル8で統一するメリットが薄いため、儀式エクシーズをメインにすることが多いか。
 儀式は他の3種と異なり唯一メインデッキに投入するカードなので、手札に来て腐るリスクがある代わりに墓地へ送る手段も他に比べて豊富ではある。

  • カード名効果など「8」を意匠としたと思われ、モチーフは「八雷神(やくさいかづちのかみ)」であろうか。
    黄泉の国にて腐敗したイザナミの体に生じた八体の雷神の総称。
    約束を違えたイザナギへの追っ手として差し向けられることになる。
  • イラストにおいて、周りに浮く巴紋(ともえもん)が8つ確認でき、元々のレベルと同じ数になっている。
  • 中国の雷神信仰の影響などから、雷神は竜や蛇と関連づけられることもある。
    名前に反して雷族ではなく幻竜族という種族設定はこれを意識したものか。

収録パック等


Tag: 《八雷天神》 モンスター 効果モンスター 星8 光属性 幻竜族 攻2000 守2000

広告