氷結界(ひょうけっかい)(いた)晴嵐(せいらん)

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「氷結界」モンスターを任意の数だけリリースして発動できる。
リリースした数だけ、デッキからレベル4以下の「氷結界」モンスターを特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
(2):墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
「氷結界」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 ストラクチャーデッキ−凍獄の氷結界−で登場する通常魔法
 自分フィールド氷結界を任意の数だけリリースしてその数だけ下級氷結界リクルートする効果自分墓地除外ゾーンから氷結界モンスターサルベージする効果を持つ。

 (1)は下級氷結界リクルート効果
 コストとした数の同数をリクルートするため、単純計算ではこのカード1枚分のディスアドバンテージとなる。
 ただ、(2)の効果リクルート先の効果を使えば総合的にはアドバンテージに結びつけるのも難しくはないだろう。
 複数のモンスターコストにすればチューナー・非チューナーを展開する事でシンクロ召喚も可能となる。
 リクルート先には更なる展開効果を持つ《氷結界の照魔師》蘇生効果を持つ《氷結界の伝道師》が存在しているため【氷結界】では素材数を必要とするシンクロ召喚や高レベルモンスター蘇生まで柔軟な動きをすることができる。
 氷結界には他の氷結界と並べる事でロックや制限をかけるものも多いため、状況に応じたそれらの効果適用も狙える。
 複数展開を狙う場合、《灰流うらら》等でカウンターを受けると挽回不可能な損害を負いかねないため細心の注意を払いたい。

 (2)は墓地除外ゾーンからの氷結界モンスターサルベージ効果
 墓地へ送られたターン発動できないのが欠点だが、(1)のディスアドバンテージを取り返せる。
 (1)のコストとしたモンスターが存在するため発動できない状況はまず無いだろう。

  • 晴嵐(せいらん)」は「晴天の日に吹く山風・山にかかる霞」を意味する。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《氷結界に至る晴嵐》 魔法 通常魔法 氷結界

広告