氷結界(ひょうけっかい)虎将(こしょう) ウェイン》

効果モンスター
星5/水属性/戦士族/攻2100/守 400
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドにモンスターが存在し、
自分フィールドに「氷結界」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「氷結界」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
フィールドから相手の墓地へ送られる魔法・罠カードは墓地へは行かず除外される。

 ストラクチャーデッキ−凍獄の氷結界−で登場した水属性戦士族上級モンスター
 フィールドが特定の状況の場合に手札から特殊召喚できる起動効果召喚・特殊召喚に成功した場合に氷結界魔法・罠カードサーチできる誘発効果フィールドから相手墓地へ送られる魔法・罠カード除外する永続効果を持つ。

 (1)は手札からの特殊召喚効果
 【氷結界】では難しい条件ではないが、お互いフィールドの状況が問われるため若干の不安定さはある。
 特に先攻ターン目は相手フィールドの状況を作り出すのが難しいため腐りやすい。
 逆に後攻ターン目ならば高確率で相手フィールドの条件は満たされ、あとは適当な下級氷結界召喚すれば状況を作り出せる。

 (2)は氷結界魔法・罠カードサーチ効果
 相性のいいカードは以下が挙げられる。

  1. 《氷結界の紋章》
    【氷結界】における必須カードとしてほぼフル投入されるためサーチ先の候補としても有力。
    召喚権が無くても《氷結界の伝道師》《氷結界の依巫》サーチしてリンク召喚へと繋げられる。
  2. 《氷結界に至る晴嵐》
    (1)をトリガーとした場合は必然的に氷結界モンスターが複数存在するため、シンクロ召喚に繋げられる。
    リクルート先が《氷結界の武士》など戦士族ならば《聖騎士の追想 イゾルデ》チューナーならば《水晶機巧−ハリファイバー》など、展開に便利なリンクモンスターに対応しているのも魅力。
  3. 《氷結界の晶壁》
    このカード特殊召喚できる《氷結界の伝道師》《氷結界の随身》コスト墓地へ送られるので蘇生対象を確保できる。
    さらに蘇生した《氷結界の伝道師》《氷結界の虎将 ガンターラ》蘇生し、エンドフェイズ氷結界蘇生すれば氷結界が3体並び、(2)の適用もできる。

 (3)はフィールドから相手墓地へ送られる魔法・罠カード除外効果
 墓地利用を妨害できるが、手札デッキから墓地へ送られるものは除外できないため完全なメタとして機能するかは微妙なところ。
 とは言え、刺さるデッキには刺さるのであって困る効果ではない。
 ステータスの低さと耐性の無さにより、維持を狙うならば相応のサポートが必要な点は意識したい。

 自身の効果以外で召喚特殊召喚を行えば《氷結界の紋章》経由で2体目をサーチ特殊召喚できる。
 ランク5のエクシーズ召喚を行え、墓地に置かれた後も《蛮族の狂宴LV5》《ゲイザー・シャーク》などで再びランク5に繋ぐことも可能。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《氷結界の虎将 ウェイン》 効果モンスター モンスター 星5 水属性 戦士族 攻2100 守400 氷結界

広告