《氷結界の照魔師》

効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻1700/守1000
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに他の「氷結界」モンスターが存在する限り、相手はアドバンス召喚できない。
(2):手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「氷結界」チューナー1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は水属性モンスターしか特殊召喚できない。
(3):自分が「氷結界」モンスターの効果を発動するために、
手札を墓地へ送る場合または捨てる場合、そのカード1枚の代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 ストラクチャーデッキ−凍獄の氷結界−で登場する水属性魔法使い族下級モンスター
 他の氷結界モンスターが存在する場合に相手アドバンス召喚を封じる効果氷結界チューナーリクルートする効果氷結界モンスター効果手札コストが必要な場合に墓地の自身を代わりに除外できる効果を持つ。

 (1)は相手アドバンス召喚の妨害。
 氷結界共通の並べることが条件だが、このカードは自身の(2)によりもう1体を呼べるため条件を容易に満たすことができる。
 しかし、あくまでアドバンス召喚に限定されており、壊獣のような「リリースして特殊召喚」に対応しないため役立つ機会は乏しい。
 相手アドバンス召喚主体でない限り、基本的にはシンクロ素材等にした方がよいだろう。

 (2)は氷結界チューナーリクルート
 氷結界チューナーレベル1〜3が揃っているので、このカード手札コスト1枚があればレベル5〜7の水属性シンクロ召喚が可能。
 水属性しか特殊召喚できなくなるが、氷結界の龍をはじめ強力なものは多いため、選択肢は悪くない。
 《氷結界の霜精》ならば効果レベル1〜3の調整が効くため、複数種類のチューナーデッキに採用せずともシンクロ召喚先の幅を広げられる。
 効果使用後は水属性モンスターしか出せなくなるが、リンク召喚などは可能なので《水晶機巧−ハリファイバー》《海晶乙女コーラルアネモネ》などに繋いでもいい。

 (3)は氷結界手札コストの代わりに墓地の自身を除外する効果
 適用できるモンスター下記の通りと多くは無いが、手札を失わずに済むのでアドバンテージ面ではありがたい。
 同名カードシンクロモンスターも対応範囲であり、メインデッキに該当するモンスターがこのカードのみの場合でも適用機会はある。

関連カード

―《氷結界の照魔師》の姿が見られるカード

手札墓地へ送るまたは捨てることで効果発動できる氷結界

収録パック等


Tag: 《氷結界の照魔師》 効果モンスター モンスター 星4 水属性 魔法使い族 攻1700 守1000 氷結界

広告