氷剣竜(ひけんりゅう)ミラジェイド》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/幻竜族/攻3000/守2500
「アルバスの落胤」+融合・S・X・リンクモンスター
(1):「氷剣竜ミラジェイド」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):自分・相手ターンに1度、「アルバスの落胤」を融合素材とする融合モンスター1体をEXデッキから墓地へ送って発動できる。
フィールドのモンスター1体を選んで除外する。
次のターン、このカードはこの効果を使用できない。
(3):融合召喚したこのカードが相手によってフィールドから離れた場合に発動できる。
このターンのエンドフェイズに相手フィールドのモンスターを全て破壊する。

 ストラクチャーデッキ−ALBA STRIKE−で登場した闇属性幻竜族融合モンスター
 自分フィールドに1体しか存在できないルール効果お互いターン《アルバスの落胤》を融合素材として指定する融合モンスターエクストラデッキから墓地へ送りモンスター1体を除外する誘発即時効果相手によってフィールド離れた場合に相手モンスターを全て破壊する誘発効果を持つ。

 《アルバスの落胤》を融合素材として指定する融合モンスターの1体。
 もう片方の融合素材融合シンクロエクシーズリンクエクストラデッキモンスターが指定されており、《烙印融合》によるデッキ融合には対応していない。
 もっとも、《烙印竜アルビオン》《神炎竜ルベリオン》を経由してそれらを融合素材に含む形で融合召喚を行えば良いので、少ない消費での融合召喚は容易い。
 その他、《ストライカー・ドラゴン》などのリンク1や、エクストラデッキから直接墓地へ送られた融合モンスターを用いて《白の烙印》等で墓地融合を行う形でも消費は抑えられる。
 エクストラデッキを積極的に活用するデッキに対しては、《アルバスの落胤》《超融合》効果相手の大型モンスターに対する強力な除去としても機能する。
 なお、《アルバスの落胤》効果相手融合モンスター融合素材にする場合、ほぼ同じ融合素材で出せる《捕食植物ドラゴスタペリア》もいるので状況に応じて使い分けたい。

 (1)はフィールドに1体しか存在できない効果
 これにより(2)の効果のためにフィールド表側表示のこのカード同名カード融合素材にするといったことはできない。
 連続での融合召喚を行うにはこのカード裏側表示にするか、フィールド外に移動させてから融合素材にする必要がある。

 (2)は《アルバスの落胤》を融合素材として指定する融合モンスターエクストラデッキから墓地へ送りモンスター1体を除外する効果
 コストにより《アルバスの落胤》を融合素材として指定する融合モンスターの共通効果トリガーになり、エンドフェイズアドバンテージを稼げる。
 効果処理は対象をとらない除外であり、フリーチェーン発動できることも相まって高い除去制圧力を持つ。
 ただ制約により実質2ターンに1度しか発動できないため、発動タイミングの見極めは重要だろう。
 同名カードに関する制限はないため、なんらかの方法でフィールドに出し直せば同一ターンに複数回発動もできる。
 欠点として効果処理時除外するモンスターを決定する都合上、この効果チェーンされた結果、相手フィールドモンスターがいない状況になると自分モンスター除外しなければならなくなる点には注意。

 (3)は相手モンスター全体除去
 相手によってという受動的な条件だが、自爆特攻すれば能動的な発動も可能。
 とはいえバウンス以外なら破壊以外の除去にも対応しているため、能動的な発動を狙わずとも十分な牽制になるだろう。

  • (2)の「次のターン、このカードはこの効果を使用できない」は効果処理の一環であるため、発動効果無効になった場合は次のターンでも(2)を発動できる。
    一方、効果処理は正常に行っても何らかの結果により除外できなかった場合は次のターン発動は行えない。
  • 公式Twitterで設定画が公開されている。
  • カード名後半は「ミラージュ(mirage)」が元ネタか。
    英語で「蜃気楼」「儚い夢や希望」を意味するが、語源となったラテン語では「(鏡で)見る」を意味する。
    「ジェイド(jade)」は英語で「翡翠」の意味であり、こちらも氷水との関連を窺わせる。

関連カード

カード名関連

―《氷剣竜ミラジェイド》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《氷剣竜ミラジェイド》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星8 闇属性 幻竜族 攻3000 守2500

広告