()賢者(けんじゃ)−アーカス》

効果モンスター
星5/炎属性/機械族/攻2400/守 200
このカード名はルール上「閃刀」カードとしても扱う。
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドのリンクモンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに自分の墓地の魔法カード1枚を除外できる。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、
除外されている自分の「閃刀」魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 PREMIUM PACK 2023で登場する炎属性機械族上級モンスター
 閃刀としても扱う効果外テキスト魔法カード手札コスト特殊召喚できる効果墓地魔法カードリンクモンスター破壊身代わりできる効果破壊され墓地へ送られた場合に除外ゾーンの閃刀魔法カードサルベージできる効果を持つ。

 (1)(3)は《慈愛の賢者−シエラ》と同じ効果であり、効果単独での使い方はあちらも参照。
 ただし、コントロール転移を活かすあちらとはカード全体でみると使用感は異なり、(3)の能動的な発動がやや難しくなっている。
 (2)はフィールドに維持して意味を成す効果であるため、(3)は基本的に相手破壊された場合の保険と見なしておくのが良いだろう。
 同効果を持つモンスターとしては最も攻撃力が高いため、打点補充としては優先度が高い。

 また炎属性守備力200ということで《真炎の爆発》に対応する。
 対応するレベル5は他に《憑依覚醒−大稲荷火》シンクロモンスター《ラヴァル・ツインスレイヤー》のみ、対応する機械族《サイコロプス》のみとそれなりに希少な存在であるため、そこに利点を見出だせるなら【炎属性】に採用することも考えられる。

 (2)は墓地魔法カード身代わりリンクモンスターを守る効果
 戦闘効果破壊両方に対応し、リンクモンスターの場持ちを上げられる。
 ただし欠点も多くまず自身がリンクモンスターでないため、真っ先に狙われやすい。
 (3)に繋がるとは言え、除外前なら相手はノーリスクとなる。
 次に【閃刀姫】にとって魔法カードは重要なリソースであり、かつ除去されても《閃刀姫−レイ》で戦線を維持するのが強みのテーマであるため、そもそもそのリソースを使ってまで守りたい状況は多くない。
 さらにメインモンスターゾーンにこのカードが居座ることによって閃刀魔法カードが使えなくなってしまうため、総合的な防御力はこのカードのせいで下がりかねない。
 相手ターンに守るというよりは自分ターンこのカードの打点を当てにしたラッシュ時に除去を避けるためと考えるのが無難か。

  • 「アーカス(Arcus)」はラテン語で「弓」や「虹」を意味し、気象学用語では「アーチ雲(棚雲)」を意味する。
  • 原作・アニメにおいて―
    漫画OCGストーリーズの「閃刀姫編」にて登場するキャラクターの1人。
    レイを育てたカーマ三賢者の一角であり、彼女の剣術指南も務めるなど高い戦闘力を誇る。

関連カード

収録パック等


Tag: 《武の賢者−アーカス》 モンスター 効果モンスター 星5 炎属性 機械族 攻2400 守200 閃刀

広告