砲撃(ほうげき)のカタパルト・タートル/Artillery Catapult Turtle》

効果モンスター
星4/水属性/水族/攻1000/守2000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
手札・デッキから「暗黒騎士ガイア」モンスターまたはドラゴン族・レベル5モンスター1体を特殊召喚する。

 RISE OF THE DUELISTで登場した水属性水族下級モンスター
 モンスターリリースする事で手札デッキから暗黒騎士ガイアモンスターまたはレベルドラゴン族特殊召喚する起動効果を持つ。

 (1)はモンスターリリース手札デッキから暗黒騎士ガイアモンスターまたはレベルドラゴン族特殊召喚する効果
 フィールドに自身を残しても各種素材に使える程度なので、基本的には自身をリリースして特殊召喚することになる。
 《疾走の暗黒騎士ガイア》《覚醒の暗黒騎士ガイア》などリリーストリガー効果発動できるモンスターがいるのならそちらをリリースするのも良い。
 聖刻モンスターリリースされた場合の効果を持つため、組み合わせるのも手。

 リクルートするモンスターとしては、《竜騎士ガイア》を軸とするならば展開が可能な《魔道騎士ガイア》《呪われし竜−カース・オブ・ドラゴン》などが候補となる。
 《獄炎のカース・オブ・ドラゴン》フィールド魔法除去し、《天翔の竜騎士ガイア》融合召喚を狙える。
 《呪われし竜−カース・オブ・ドラゴン》墓地手札にある状況で《魔道騎士ガイア》リクルートすれば《螺旋融合》によって《竜魔道騎士ガイア》を出せる。

 ただ、リクルート先と種族属性も全く異なるため、サポートを共有しにくい。
 このカード自身のリクルート手段としては《召喚僧サモンプリースト》などはあるが、リクルート先と組み合わせるには他のレベル4を経由しないと厳しい。
 他のサポートカードとはシナジーはある。
 《走破するガイア》手札の該当カード公開することでサーチできるため、直接リクルートするあちらと組み合わせるのは難しいように見えるが、《暗黒騎士ガイアソルジャー》を出し、その効果暗黒騎士ガイアサーチすることで組み合わせられる。
 その《暗黒騎士ガイアソルジャー》自体はサーチしても特殊召喚融合モンスターが必要なので出しにくく、このカードによるリクルートを狙う方が良い。

 【カオス・ソルジャー】においても《疾走の暗黒騎士ガイア》《覚醒の暗黒騎士ガイア》リクルートするために採用できる。
 その場合、《開闢の騎士》《宵闇の騎士》と同じレベル4なので、レベル合計8ちょうどの調整やエクシーズ召喚にも転用できる。

 レベル5・ドラゴン族のサポートとして暗黒騎士ガイアと関係のないデッキに入れることも考えられる。
 【アームド・ドラゴン】では、《アームド・ドラゴン LV5》を直接リクルートできる。
 また【聖刻】でも対応するモンスターが2種類おり、リリースコストにすることで聖刻モンスター効果の発動も補助できる。
 【ドラゴン族】なら《ダークフレア・ドラゴン》も候補となり墓地肥やしを行える。
 こうした目的で採用する場合も、そのレベル5・ドラゴン族蘇生できる《魔道騎士ガイア》も併せて採用することで、リクルートだけでなく蘇生も可能となる。

関連カード

―《砲撃のカタパルト・タートル》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《砲撃のカタパルト・タートル》 効果モンスター モンスター 星4 水属性 水族 攻1000 守2000

広告