魔界劇団(まかいげきだん)−スーパー・プロデューサー》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/悪魔族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
悪魔族モンスターを含むモンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに、自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
その後、以下の効果から1つを選んで適用できる。
●デッキから「魔界劇場「ファンタスティックシアター」」1枚を選んで自分のフィールドゾーンに表側表示で置く。
●デッキから「魔界劇団」Pモンスター1体を選んで自分のPゾーンに置く。

 PHOTON HYPERNOVAで登場した闇属性悪魔族リンクモンスター
 お互いメインフェイズ自分表側表示カード1枚を破壊し、「デッキから《魔界劇場「ファンタスティックシアター」》置く」または「デッキから魔界劇団ペンデュラムゾーン置く」のいずれかを選ぶ誘発即時効果を持つ。

 魔界劇団は全て悪魔族で統一されているのでリンク召喚は容易い。
 《魔界発現世行きデスガイド》等の汎用性の高い展開効果を持つ悪魔族を活用するのも手ではある。
 《七精の解門》なら《暗黒の招来神》《混沌の召喚神》でこのカードリンク召喚でき、《七精の解門》破壊対象に利用できる。

 自身も破壊対象には選択できるので単体でも効果の発動は可能だが、できれば破壊されても損のない他のカードを選びたい。
 フリーチェーンのため、適当な通常魔法等にチェーンして破壊すれば実質消費なしで利用できる。
 また、《魔界劇団−ワイルド・ホープ》等の破壊された場合の効果を持つ魔界劇団を活用することも可能。

 1つ目はデッキから《魔界劇場「ファンタスティックシアター」》置く効果
 自分ターンならばあちらの(1)でサーチを、相手ターンならばあちらの(2)によるモンスター効果に対する牽制を狙っていける。
 ただし、(1)は手札の下準備が、(2)はフィールドの下準備が必要なので、状況は見極める必要がある。

 2つ目はデッキから魔界劇団ペンデュラムゾーン置く効果
 1つ目に比べると自身の状況に左右されにくいのが利点であり、状況に適したペンデュラム効果を持つものを選べばとりあえずリターンは得られる。
 単純にペンデュラム召喚の下準備を整え、自身のリンク素材にした魔界劇団を即座に取り戻すだけでもアドバンテージとなる。

  • 「プロデューサー(Producer)」とは、制作においてスタッフの人事や予算の管理や制作にまつわる様々な業務を総括する現場責任者のこと。
    ディレクターよりも広い管理指揮権を持ち、成果物の商業的な成否についての責任を負う人物である。
    頭文字を取って「P」と略されることも多く、メディアに出演する際は名前の後につけて「○○P」と表記される場合もある。

関連カード

―《魔界劇団−スーパー・プロデューサー》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《魔界劇団−スーパー・プロデューサー》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 闇属性 悪魔族 攻1600 魔界劇団

広告