揺海魚(ようかいぎょ)デッドリーフ/Lifeless Leaffish》

効果モンスター
星4/水属性/魚族/攻1500/守1600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「揺海魚デッドリーフ」以外の魚族モンスター1体を墓地へ送る。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の魚族モンスター3体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

 RISE OF THE DUELISTで登場した水属性魚族下級モンスター
 召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に魚族墓地へ送る誘発効果墓地の自身を除外し、魚族3体をデッキ戻し、1枚ドローする起動効果を持つ。

 (1)は魚族墓地へ送る効果
 魚族専用の《終末の騎士》であり、あちら同様アドバンテージを失うことなく墓地を肥やすことができる。
 【魚族】では《白の水鏡》《エクシーズ・リモーラ》《サルベージ》など、墓地魚族水属性を活用するカードを多用するため有用な効果である。
 特に《素早いアンコウ》とは相性がよく、このカード召喚特殊召喚からフィールドに3体モンスターを展開できる。
 《フィッシュボーグ−ランチャー》なら、墓地に他に水属性が存在すれば自己再生でき、このカードと共に《水晶機巧−アメトリクス》シンクロ召喚するか、《水晶機巧−ハリファイバー》リンク召喚が可能。
 レベルにも制限がないため【魚族】では切り札的役割を果たす《超古深海王シーラカンス》墓地へ送り蘇生するのもよい。
 《サイレント・アングラー》などを併用して自身を利用して《No.60 刻不知のデュガレス》エクシーズ召喚すれば、次のターンデメリットは発生するものの蘇生につなげられる。
 他に水属性レベルチューナーを出しておき、《白闘気一角》シンクロ召喚してその効果蘇生してもいい。

 なお《終末の騎士》と同じく時の任意効果である。
 チェーン2以降で特殊召喚した場合や、《白の水鏡》蘇生させサーチ効果適用した場合はタイミングを逃すので注意。

 (2)は墓地魚族3体をデッキ戻しドローする効果
 【魚族】では《素早いアンコウ》はじめデッキにいたほうが都合の良いモンスターを戻しつつ、ドローを行える。
 前述の《超古深海王シーラカンス》デッキからの特殊召喚を行うので、こちらの下準備ともなれる。
 同じく墓地魚族デッキに戻す効果を持った魚族には《メタボ・シャーク》が存在するが、こちらはドローがついてくる上に戻せる枚数も1枚多い。
 あちらは効果の発動にも通常召喚が要求されるため、《超古深海王シーラカンス》とのシナジーはこちらの方が上。
 あちらは準アタッカークラスの攻撃力がある点や、墓地へ送られる前に効果発動できる即効性で差別化は可能だが、総合的にはこちらの方が魚族における汎用性は高い。

  • カードのモデルはオーストラリア南海岸に生息するタツノオトシゴの仲間、リーフィーシードラゴンだろう。
    極めて高度に海藻に擬態した姿が特徴的だが、それゆえ観賞魚としての捕獲が横行して生息数は減少。
    国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは準絶滅危惧種とされている。
  • イラストはさながらゾンビのような姿であり、「デッド/dead」は英語で「死者」を表す事から、「揺海魚」は「妖怪」との掛詞であろうか。

関連カード

デッキから墓地へ送られた後に墓地で発動・適用する効果を持つ魚族

収録パック等


Tag: 《揺海魚デッドリーフ》 効果モンスター モンスター 星4 水属性 魚族 攻1500 守1600

広告