煉獄(れんごく)(かま)

永続罠
(1):自分フィールドの、「インフェルニティ」モンスターまたは
ドラゴン族・闇属性・レベル8のSモンスターが相手の効果で破壊される場合、
代わりに自分の墓地の「インフェルニティ」カード1枚を除外できる。
(2):自分の手札が0枚ではない場合、このカードは墓地へ送られる。

 PREMIUM PACK 2021で登場した永続罠
 インフェルニティモンスタードラゴン族闇属性レベルシンクロモンスター効果破壊される場合に墓地インフェルニティ身代わり除外できる効果手札が0枚でない時に墓地へ送られる効果を持つ。

 効果破壊から守れるのはインフェルニティか、ドラゴン族闇属性レベルシンクロモンスターのみである。
 【インフェルニティ】にて、《煉獄龍 オーガ・ドラグーン》《ヴァレルロード・S・ドラゴン》による制圧を狙うシンクロ召喚型で用いることになる。
 効果による除去は上記の制圧要員自身や《インフェルニティ・バリア》無効化する手もあるが、こちらは効果破壊を複数回防ぐことができ、制圧力を強めることが可能。
 また《インフェルニティ・バリア》《インフェルニティ・サプレッション》などとは違ってフィールドインフェルニティを必要としないため、それらのシンクロモンスターだけでも機能し得る。
 もっとも、無効化までには対応しきれないため、大量展開された制圧モンスターへのメタとなる《禁じられた一滴》《冥王結界波》などにまで対策するならそれらの併用も必要になる。

 墓地コストとしてインフェルニティ除外する必要があるが、一度に何体破壊される場合でも1枚の除外で済む。
 また、《インフェルニティ・ブレイク》同様にモンスターでなくても良いため、使い終わった《インフェルニティガン》《インフェルニティ・バリア》を使うことができる。
 もちろん、《インフェルニティ・ミラージュ》等のモンスター除外して帰還に繋げるのも良い。

 だが、(2)の効果により、自分ドローフェイズ時や《インフェルニティ・デーモン》サーチ効果自壊してしまうため、基本的には相手ターンのみの使い切りとなってしまう。
 相手効果破壊チェーン発動し、1:1交換が成立する様に運用したい。
 ドローフェイズスキップするカードや、通常のドローを行う代わりに処理を行うカードを用いれば自壊を回避し次のターン以降も維持はできる。
 《インフェルニティ・ポーン》の他、《No.60 刻不知のデュガレス》などが考えられる。
 《煉獄龍 オーガ・ドラグーン》を併用する場合はあちらの制圧の隙も埋められる。

 ただ、【インフェルニティ】でのサーチ手段は《インフェルニティ・ポーン》によるセット位しかないため、初期手札に来た場合を除き、制圧力の補助を狙いにくい。
 【インフェルニティ】では初期手札を使い切って0枚にし、そこから《インフェルニティ・デーモン》蘇生サーチを繰り返して盤面を築くのが基本戦術である。
 そのため、初期手札に来なければデッキに眠ったままになる可能性は高い。
 《インフェルニティ・ポーン》によるセットが行えるのはあちらを墓地に置いた次のドローフェイズ以降になるため、あちらでセットした頃は制圧盤面を維持できているか、切り替えされて該当のモンスターがいない盤面になることが多い。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《煉獄の釜》 永続罠 煉獄

広告