烙印追放(らくいんついほう)

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地の、「デスピア」モンスターまたはレベル8以上の融合モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
その後、以下の効果を適用できる。
●自分・相手フィールドから、レベル8以上の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

 DIMENSION FORCEで登場した通常罠
 デスピアまたはレベル8以上の融合モンスター自分墓地から蘇生し、更に自分相手フィールドから融合素材除外してレベル8以上の融合モンスター融合召喚できる効果を持つ。

 前半の効果デスピアまたはレベル8以上の融合モンスター蘇生
 烙印に属するため【デスピア】【アルバスの落胤】においてはサーチも容易く、この効果だけでもフリーチェーン蘇生カードとして扱える。
 蘇生制限を満たした《烙印竜アルビオン》の(2)でセットした場合、返しのターン蘇生対象を用意した上で発動の準備を整えられる。

 後半の効果レベル8以上の融合モンスターフィールド融合
 相手フィールドからも選べるため、融合素材の緩い融合モンスターを用意しておけば、状況次第では優秀なモンスター除去としても機能する。
 対象を取らない除外であるため多くの耐性をすり抜け、墓地効果も使わせない点で強力な除去と言える。
 《捕食植物ドラゴスタペリア》は汎用的な性能を持つため比較的採用しやすく、前半の効果融合モンスターを用意する事で、相手闇属性融合素材として処理できる。

 自分モンスターのみで融合召喚可能ならば相手フィールドに左右されずに済むが、除外であるため墓地アドバンテージを稼げない点は意識しておきたい。
 【デスピア】ならば除外トリガーとするモンスター効果も多いのでほぼ気にならないだろう。
 《赫灼竜マスカレイド》デスピア融合モンスターの存在により、光属性闇属性全体へのメタカードとなる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《烙印追放》 通常罠 烙印

広告