【スプリガンズ】

デッキの概要

 炎属性機械族カテゴリであるスプリガンズを中心としたビートダウンデッキ
 エースモンスターを軽い消費で呼び出し、共通効果で増やしたエクシーズ素材を用いての大量除去を得意とする。

《スプリガンズ・シップ エクスブロウラー/Springans Ship - Exblowrer》
エクシーズ・効果モンスター
ランク8/炎属性/機械族/攻1600/守2500
レベル8モンスター×2体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手のモンスターゾーンまたは魔法&罠ゾーンを1ヵ所指定して発動できる。
このカードのX素材を任意の数だけ取り除き、
その数だけ、指定したゾーン及びその前・後・隣のゾーン(モンスターゾーン・魔法&罠ゾーン)に存在するカードの中から、
相手のカードを選んで破壊する。
(2):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに発動できる。
このカードをエンドフェイズまで除外する。
《大砂海ゴールド・ゴルゴンダ/Great Sand Sea - Gold Golgonda》
フィールド魔法
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの「スプリガンズ」Xモンスターの攻撃力は1000アップする。
(2):自分フィールドに「スプリガンズ」Xモンスターが存在しない場合、
手札から「スプリガンズ」カード1枚を捨てて発動できる。
EXデッキから「スプリガンズ」Xモンスター1体を特殊召喚する。
(3):自分フィールドの表側表示のXモンスターが効果でフィールドから離れた場合、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは攻撃できない。
《スプリガンズ・ウォッチ/Springans Watch》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」1枚を手札に加える。
自分のフィールドゾーンに「大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」が存在する場合、
代わりに以下の効果を適用できる。
●デッキから「スプリガンズ」モンスター1体を手札に加え、
デッキから「スプリガンズ」モンスター1体を墓地へ送る。
《スプリガンズ・ブーティー/Springans Booty》
永続魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの表側表示のXモンスターが効果でフィールドから離れた場合、
相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その効果モンスターはフィールドで発動する効果を発動できない。
(2):魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送って発動できる。
自分のデッキ・墓地から「大砂海ゴールド・ゴルゴンダ」1枚を選んで発動する。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

スプリガンズ
 《スプリガンズ・キット》以外は手札フィールド墓地から自身をスプリガンズエクシーズモンスターエクシーズ素材にする共通効果を持つ。
 スプリガンズエクシーズモンスターキーカード《大砂海ゴールド・ゴルゴンダ》効果特殊召喚する事が多いので、エクシーズ素材の確保は主にこの効果で行う。

―その他のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

 メインデッキスプリガンズレベル4・8に偏っているので汎用ランク4・8が主な候補となる。
 《スプリガンズ・ブラザーズ》効果により、エクシーズモンスター1体程度は追加で展開することが可能。
 あるいは展開力を重視しない構築では出しやすい低リンク《超融合》用の融合モンスター等で適当に埋めてしまっても良いだろう。
 【ドラグマ】との混合構築では墓地効果を持つモンスターを複数採用しやすい(その場合の候補は【ドラグマ】を参照)。

スプリガンズエクシーズモンスター
 正規のエクシーズ召喚もできなくはないが、基本的には《大砂海ゴールド・ゴルゴンダ》効果での特殊召喚が中心となりやすい。
 元々の攻撃力は低いが、《大砂海ゴールド・ゴルゴンダ》《スプリガンズ・キャプテン サルガス》効果で補える。
 効果耐性の無さも相手ターンフリーチェーン除外できる(2)により補えるので、意外と場持ちは良い。
 ただ、展開力が高いとは言い難いこのデッキで(2)を使うとがら空きになりがちなので、手札誘発罠カードによる防御と併用したい。

─その他のエクシーズモンスター
 《大砂海ゴールド・ゴルゴンダ》の制約上、《スプリガンズ・メリーメイカー》を出している間は《スプリガンズ・シップ エクスブロウラー》を出せないため、使い終わった《スプリガンズ・メリーメイカー》を処理できるようなモンスターがあるとよい。

《アルバスの落胤》融合素材に指定する融合モンスター
 レベル8で攻撃力守備力のいずれかが2500で統一されており、主に《アルバスの落胤》効果相手モンスターを巻き込んで融合召喚される。
 また《氷剣竜ミラジェイド》《神炎竜ルベリオン》を除き、場所を問わず墓地へ送られれば共通効果《アルバスの落胤》または特定カテゴリサーチリクルートが行える。
 始めから融合召喚を狙わずに、《スプリガンズ・コール!》《スプリガンズ・メリーメイカー》等でフィールドに出さない運用に徹する事も可能。

―その他の融合モンスター

リンクモンスター
 主に《大砂海ゴールド・ゴルゴンダ》効果を使用する際に邪魔なエクシーズモンスターを処理するための汎用リンク2を採用することになる。

魔法・罠カードについて

スプリガンズ関連

―その他の魔法・罠カード

戦術

 《大砂海ゴールド・ゴルゴンダ》《スプリガンズ・シップ エクスブロウラー》特殊召喚し、スプリガンズの共通効果エクシーズ素材を供給した後に相手フィールドを爆撃していく。
 相手ターンでは《スプリガンズ・シップ エクスブロウラー》を自身の効果フィールドから避難させ、戻ってきた後は再び同じ流れを繰り返す。
 この流れが上手く決まれば、こちらはカード消費0で毎ターン複数枚の除去を行えるので、アドバンテージ差で自ずと勝利できるだろう。
 しかし、この流れを妨害する手段や《スプリガンズ・シップ エクスブロウラー》除去が通じないモンスターも多いため、それらへの対応手段も別に用意しておきたい。
 《アルバスの落胤》破壊耐性を持つモンスター除去でき、相手ターンに出せば相手の行動の妨害にもなるためスプリガンズの弱点を補える。

デッキの種類

《アルバスの落胤》

 《アルバスの落胤》とそれを指定した融合モンスター及びそのサポートカードを多用した構築。
 《アルバスの落胤》融合素材に指定する融合モンスターレベル8なので、《スプリガンズ・シップ エクスブロウラー》エクシーズ素材にも活用できる。
 ただし融合モンスターを多用する関係上、エクストラデッキの圧迫は避けられない点は気を付けたい。
 墓地融合モンスターを用意しやすいため、《スプリガンズ・コール!》の(2)も活用しやすく、上手くいけば毎ターン効果を使うことも狙える。
 《スプリガンズ・キット》サーチサルベージできる烙印魔法・罠カードも十二分に活用することができる。
 一部の烙印《アルバスの落胤》手札コストに使ってもエンドフェイズセットされるためアドバンテージも失いにくい。

デッキの派生

【ドラグマ】混合構築

 ドラグマ関連のカードが持つエクストラデッキからの墓地肥やしにより、《鉄駆竜スプリンド》《灰燼竜バスタード》によるサーチリクルートが狙える。
 発動後のエクストラデッキからの展開が封じられるものが一部存在するが、元々このデッキ《大砂海ゴールド・ゴルゴンダ》での特殊召喚後にはそのターンはもうエクストラデッキを使用しない事も多い。
 タイミングさえ気を付ければ展開制限の影響も抑えやすいと言える。
 《ドラグマ・パニッシュメント》は往復1ターンを封じるので制約期間は長いが、このデッキに不足気味の制圧力を補うため採用する価値もあろう。
 《ドラグマ・エンカウンター》《アルバスの落胤》蘇生サルベージが可能であり、あちらを重視した構築では使い勝手が良い。

【音響戦士】混合構築

 音響戦士機械族サポートをスプリガンズと共有でき、複数のチューナーを抱えるためシンクロ召喚も取り込みやすい。
 特に《音響戦士ギータス》リクルート効果《音響戦士マイクス》召喚権追加効果はこのデッキの課題である展開力を幾分か補える。
 墓地効果を持つスプリガンズ《音響戦士ギータス》手札コストにも使いやすい。
 《音響戦士サイザス》レベル4なので、ランク4のエクシーズ素材にも転用できる。

【クロノダイバー】混合構築

 スプリガンズに足りない展開力をクロノダイバーが補うことにより、より正規のエクシーズ召喚が行いやすくなる。
 《クロノダイバー・リューズ》《クロノダイバー・ベゼルシップ》との相性もよく、エクシーズモンスターの大量展開に向いた構築。

【マシンナーズ】混合構築

 同じ機械族カテゴリマシンナーズとの混合構築。

 《マシンナーズ・ギアフレーム》召喚するだけで、《マシンナーズ・アンクラスペア》サーチ特殊召喚して、容易に《スプリガンズ・メリーメイカー》《ギアギガント X》エクシーズ召喚が可能。
 この際に《マシンナーズ・アンクラスペア》効果《マシンナーズ・フォートレス》墓地へ送れるため、レベルこそ合わないものの、展開力に欠けているスプリガンズにとって貴重なアタッカーとして活躍させられるだろう。

 《マシンナーズ・カノン》最上級スプリガンズと同じレベル8で、任意の枚数のモンスター手札コスト特殊召喚できるので、ランクエクシーズ素材としての他、手札腐りやすい《スプリガンズ・バンガー》を切り、墓地効果を軸に展開札として利用する事もできる。

 《機甲部隊の超臨界》《緊急ダイヤ》を採用する場合は《マシンナーズ・カーネル》及び《マシンナーズ・エアレイダー》の採用が考えられる。
 召喚権を使わずリンク召喚エクシーズ召喚を行えるほか、《機甲部隊の超臨界》除外されたスプリガンズを使い回す事も見込める。

 また、《スプリガンズ・シップ エクスブロウラー》《スプリガンズ・メリーメイカー》が1枚あれば最低限機能する【スプリガンズ】と、メインデッキだけで戦える【マシンナーズ】は共に、比較的エクストラデッキへの依存度が低い。
 そのため、《金満で謙虚な壺》《強欲で金満な壺》といったエクストラデッキを削るドローサーチカードを無理なく入れる事もできるのもメリット

このデッキの弱点

 《大砂海ゴールド・ゴルゴンダ》への依存度が高く、あちらのサーチ効果を妨害されると何もできないケースも起こり得る。
 スプリガンズだけでは素の展開力や制圧力にも欠けがちであり、汎用モンスター魔法・罠カードで補いたい。
 また、《スプリガンズ・シップ エクスブロウラー》効果除去できない破壊耐性やその効果を妨害してくるカウンター効果を持つモンスターも苦手。
 《スプリガンズ・シップ エクスブロウラー》を維持するために(3)でフィールドから避難させた場合、がら空きとなった隙をつかれて一斉攻撃で敗北し得る点も注意。
 相手デッキの展開力にもよるが、何らかの防御手段を用意した上で発動するのが望ましいと言える。

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告