ストラクチャーデッキ−混沌の三幻魔−

 BEFORE:ストラクチャーデッキ−リバース・オブ・シャドール−
 NEXT:ストラクチャーデッキ−精霊術の使い手−
 2020年3月20日発売。
 略号は「SD38」。

 パッケージイラストは三幻魔が務めている。

 2019年6月21日から7月3日まで公式データベースで行われた『ストラクチャーデッキ「テーマ」投票』によって2位に輝いた「三幻魔」をテーマとするストラクチャーデッキである。
 投票時点では「見事1位に輝いたテーマのストラクチャーデッキが商品化」とのみ記載されていた。
 1位のシャドールとの差が僅か1%という接戦であったためか、2位のこのテーマも事前の予定を翻してのストラクチャーデッキ商品化となった。
 この商品の登場で三幻魔全てを採用した【三幻魔】の構築が現実的なレベルで可能となり、派生構築に相当する【神炎皇ウリア】【混沌幻魔アーミタイル】も大幅な強化の恩恵を受けている。

 新規カードとして《幻魔皇ラビエル−天界蹂躙拳》《カオス・コア》《暗黒の招来神》《混沌の召喚神》《失楽の霹靂》《七精の解門》《ハイパーブレイズ》《覚醒の三幻魔》《次元融合殺》を収録。
 この内、《次元融合殺》は下記の三幻魔解放パックに収録されている。

  • キャッチコピーは「永き封印は解き放たれた―。魔の眷属を従え、混沌が全てを覆い尽くす。」
  • 《盆回し》前回と異なりこの商品単体でも機能するように調整されている。

収録カードリスト

レアリティ無表記のカードはNormal
※カードのレアリティについては各リンク参照

略号カード名枚数
SD38-JP001《幻魔皇ラビエル−天界蹂躙拳》 Ultra
SD38-JP002《カオス・コア》 N-Parallel
SD38-JP003《暗黒の招来神》 N-Parallel
SD38-JP004《混沌の召喚神》 N-Parallel
SD38-JP005《暗黒の召喚神》
SD38-JP006《トーチ・ゴーレム》
SD38-JP007《ファントム・オブ・カオス》
SD38-JP008《幻銃士》
SD38-JP009《マッド・リローダー》
SD38-JP010《グレイブ・スクワーマー》
SD38-JP011《究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン》
SD38-JP012《トラゴエディア》
SD38-JP013《多次元壊獣ラディアン》
SD38-JP014《カオスハンター》
SD38-JP015《死霊操りしパペットマスター》
SD38-JP016《ヘルウェイ・パトロール》
SD38-JP017《彼岸の悪鬼 ファーファレル》
SD38-JP018《魔轟神獣ケルベラル》
SD38-JP019《失楽の霹靂》 Super
SD38-JP020《七精の解門》 N-Parallel
SD38-JP021《失楽園》
SD38-JP022《幻魔の殉教者》
SD38-JP023《マジック・クロニクル》
SD38-JP024《テラ・フォーミング》
SD38-JP025《盆回し》
SD38-JP026《神縛りの塚》
SD38-JP027《ワン・フォー・ワン》
SD38-JP028《終わりの始まり》
SD38-JP029《強欲で貪欲な壺》
SD38-JP030《所有者の刻印》
SD38-JP031《カイザーコロシアム》
SD38-JP032《闇の護封剣》
SD38-JP033《サイクロン》
SD38-JP034《ハイパーブレイズ》 Super
SD38-JP035《覚醒の三幻魔》 N-Parallel
SD38-JP036《闇次元の解放》
SD38-JP037《シェイプシスター》
SD38-JP038《宮廷のしきたり》
SD38-JP039《手違い》
SD38-JP040《闇の増産工場》
SD38-JP041《幻魔帝トリロジーグ》

―特典カード

三幻魔(さんげんま)解放(かいほう)パック

 1箱に1パック付属している。
 1パックで全5種全て入手でき、うち1枚がシークレットレア仕様となっている。

関連リンク

広告