発動したカードの効果による特殊召喚

 ●モンスター発動した魔法・罠モンスター効果の処理によってフィールド特殊召喚する事ができる。
 ●チェーンブロックを作って発動したカードの効果の処理によって特殊召喚される時、チェーンブロックを作って発動した効果発動無効にしなかった場合にはその後の特殊召喚する処理を無効にすることはできない。
 ●発動して自身を特殊召喚する効果を持つモンスターには、多くの場合『発動できる。このカードを(〇〇から)特殊召喚する。』という記載がある。
  また、それらの効果は基本的に起動効果及び誘発効果である。
 ●他のカードを特殊召喚する魔法・罠モンスター効果は、基本的にチェーンブロックを作って発動する効果である。

 (パーフェクトルールブック2017 P101,P102 より引用)


発動した効果による特殊召喚の種類

公式ルールブック上で「カード効果による特殊召喚」と記述されているもののことを指す。
発動しない召喚条件による特殊召喚はこちらに含まれないので注意(「条件による特殊召喚」を参照)。
古いルール解説では「チェーンブロックを作る特殊召喚」と呼ばれている場合がある。
以下の特殊召喚が該当する。

基本ルール

特殊召喚の不発について

 「発動したカード効果による特殊召喚」は、発動したカードに対してチェーンが行われた結果不発になる事がある。
 対象としたカード《D.D.クロウ》等の効果で移動する事による不発は、不発のページを参照。

  • 発動時にどのモンスターを特殊召喚するかが決まっていなければ、特に何の処理も行われない。
  • 特殊召喚するモンスター対象にとらない効果の場合、特殊召喚する数が固定されていると特殊召喚できない。

関連リンク

広告