遊戯王ニューロン/Yu-Gi-Oh! NEURON

 2020年6月29日より配信を開始した、遊戯王カードゲーム公式スマホアプリ。
 ライフポイント計算機をはじめ、デュエルに有用な機能が多数搭載されている。

計算機

 デュエル用のライフポイント計算機
 2人分のライフポイントを別個に計算することができる。

 完全にライフポイントの計算に特化しており、OCGライフポイント計算で発生し得ない掛け算は用意されていない。
 割り算は《神の宣告》などで使用する「÷2」のみがあり、現在ライフポイントの半分を引く計算ができる。
 ライフポイントが奇数の時に「÷2」を選ぶと、OCGでの裁定通り小数点以下切り捨てとなり、残りライフポイントが1の場合「÷2」をしても減少しなくなる。
 ライフポイントの最大値は999999。

  • 計算機内の機能
    • タイマー
      デュエルの経過時間を計測可能。
    • ログ
      ライフポイントの増減は自動的に記録され、「ログ」で確認することができる。
      また「1つ戻す」をタップすることで、1つ前の計算に戻る事ができる。
    • ユーティリティ
      サイコロコインを画面上で振ることができる。
      また、各種カウンター《終焉のカウントダウン》ターン数カウント等に使えるカウンター機能がある。
    • BGM
      以下の3曲を流すことができる。
      • Track1:デュエルリンクスのDSOD(ザ・ダーク・サイド・オブ・ディメンションズ)ワールドのデュエルでエースモンスター召喚した時や優勢時に流れる曲。
      • Track2:バージョン1.4.0で追加。デュエルリンクスにおいて闇遊戯とのデュエル時に流れる曲。
      • Track3:バージョン3.0.0で追加。Switchソフト「遊戯王ラッシュデュエル 最強バトルロイヤル!」のデュエル音楽。
    • カメラ検索
      後述の「カメラ検索」機能を使用できる。
      デュエル中にカード裁定や最新テキストを確認したい時に便利。

公式大会での使用について

 公認大会規定において、遊戯王ニューロンは公式大会デュエル中に使用できる唯一のスマホアプリとして認められている。
 「遊戯王ニューロン」の機能を使用する以外の用途で、対戦中にスマートフォンなどの電子機器を使用する事は認められていない。

  • ライフポイントの推移は上記の通りログ機能で自動的に記録されるが、公式大会ではこれとは別に必ずライフポイントの推移をメモ用紙へ記録しなければならない。
  • 対戦時間の確認のため「遊戯王ニューロン」のタイマー機能を使用することは認められている。
    ただし、対戦の開始・終了の時間については、大会主催者またはジャッジが計測する時間に従わなければならない。

トピック

  • お知らせ
    KONAMIからのお知らせが表示される。
    遊戯王ニューロンの更新内容報告のほか、OCGの公式サイト等へのリンクもある。
  • 商品情報
    直近に発売された商品、および近日発売予定の商品情報。

デッキ

検索・デッキ

  • マイデッキ
    自身のデッキ構築を登録する機能。
    上記のカメラ検索機能と連動しており、自分のデッキをカメラで撮影することで登録を行うこともできる。
  • デュエル開始時の手札をシミュレートできる「5枚ドロー」機能も搭載されている。
    バージョン1.2.0以降は、後攻時を想定して追加で1枚ドローできるようになった。

トレンド

 直近の大会結果から流行のカテゴリがわかる「人気デッキランキング」、過去数日中に作成・更新されたデッキから算出された「注目カテゴリーランキング」が見られる。

イベント

 バージョン2.0.0より実装。
 「KONAMI CARD GAME NETWORK」にて確認可能な情報を閲覧できる。
 近日中に開催される公式大会・公式イベントの検索や、公式大会・公式イベントを開催するショップの検索が可能。
 予約制のイベントはここから予約できる。
 公式大会の戦績やランキングも確認できる。

データ

  • コナミカードゲームID
    公式大会の参加に必要となるIDおよびバーコードを表示できる。
    また、コナミフレンドリーショップ(KONAMI提携店)で遊戯王カードゲーム商品の新品を購入する際に提示することで、遊戯王カードゲームポイントを獲得できる。
  • ポイント交換
    遊戯王カードゲームポイントと商品の交換が行える。
  • その他、各種設定、お問い合わせなど。

  • 計算機やカメラ検索等の機能はKONAMI ID無しでも利用できるが、一部機能の利用にはKONAMI IDが必要となる。
  • 海外未発売カードのデータを日本語以外の言語で表示することはできない。
    逆に日本未発売カードをカメラ検索で撮影しても「データに登録されていないカードが認識されました」と表示され情報を確認できない。
  • 不具合
  • バージョン1.0.0の「5枚ドロー」機能にはデッキリストの先頭のカード手札に加わりやすくなっている不具合があったが、2020年7月13日に公開されたバージョン1.1.0で解消された。
  • バージョン1.0.0ではデュエルモードにおいてタイマー機能を使用している状態でライフポイントを計算する画面など別ページへ移動するとタイマーが進行していない不具合があったが、バージョン1.1.0で解消された。
  • ニューロン(Neuron)とは、生物の脳を構成する神経細胞のこと。
  • 映画『THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』の前日譚にあたる漫画『遊戯王 TRANSCEND・GAME』では、海馬が次世代デュエルディスクとして「ニューロンズ」というVR機器と「デュエル・リンクス」というVRゲームを開発している。
    デュエル・リンクスはスマホアプリ『遊戯王デュエルリンクス』に名前が転用されており、同じKONAMIの遊戯王関連アプリである本作の名前もこの「ニューロンズ」に由来すると考えられる。

リンク

広告